コロナワクチン接種を受けられる日がわかる? AIを使用した「新型コロナワクチン接種予測」スタート|Real Sound|リアルサウンド テック

新型コロナの「集団免疫」の成立には人口の7割程度の接種が必要とされるが、このためにはワクチン接種のための各プロセスが遅滞なく機能し、接種の機会が広く、早く行き渡ることが重要となる。 Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', and 'CNET News. Forbes、共同通信、Yahooニュースなどのコラムニストも気まぐれに務める。

事業者として、サイバーエージェント、ZOZO、学研、ニューヨーク市など多数の組織との共同事業に携わる。 と進んでいく予定です。

自分の「ワクチン接種時期」をAI予測できるサービス開始 NewsDigest内で搭載

先ほどとは異なる回答で予測してみます。 本機能を既にお試しいただいたことのある方も、接種時期の予測結果がどのように変わったのかを、改めてご確認いただくことをおすすめします。

11
「新型肺炎」特設タブでは、新型コロナウイルス感染症関連の様々なニュース速報をまとめてチェックできるほか、「地域」タブではお住まいの都道府県の最新の感染者確認情報なども確認できます。 記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です。

新型コロナワクチン、自分はいつ接種できる? NewsDigestのAIワクチン接種予測で調べる

今後も、実際にワクチン接種を受けた人のデータ提供を受けるなど、機能の拡張を準備し、予測結果も新たな情報やデータをもとに定期的にアップデートしていく予定としている。

6
開発にあたっては、データサイエンスを専門とする 米イェール大学助教授で半熟仮想株式会社代表の成田悠輔氏の監修を受けました。

あなたのワクチン接種時期をAIで予測。NewsDigestアプリ内で「AIワクチン接種予測」機能を公開|JX通信社のプレスリリース

2021年2月から医療従事者へのワクチン接種がスタート。

14
専門は、データ・アルゴリズム・数学を使ったビジネスと政策のデザイン。 引き続きこのペースで進むと仮定した場合、第一群の医療従事者の接種が一巡するのは数ヶ月先となります。

新型コロナワクチン接種時期をAIで予測、2022年までかかる自治体も?

あなたはいつワクチン接種を受けられる?AIワクチン接種予測 今後も、実際にワクチン接種を受けた人のデータ提供を受けるなど、機能の拡張を準備しており、予測結果も新たな情報やデータをもとに定期的にアップデートしていく予定です。

7
Forbes、共同通信、Yahooニュースなどのコラムニストも気まぐれに務める。 この機能では、厚生労働省による発表や自治体に対する調査、人口統計などの関連データを基に、いつ頃にワクチンを接種できるかをAIで独自に予測する、としています。

あなたのワクチン接種時期をAIで予測。NewsDigestアプリ内で「AIワクチン接種予測」機能を公開|JX通信社のプレスリリース

画面を下にスクロールします。

16
これらの中には、接種一巡が越年し、2022年までかかると予想された自治体もある。 ニュース速報や地震・災害速報のほか、鉄道情報など生活に必要な情報を最も速くお伝えする、ライフライン型ニュース速報アプリです。

コロナワクチン接種を受けられる日がわかる? AIを使用した「新型コロナワクチン接種予測」スタート|Real Sound|リアルサウンド テック

同じく、少しばかり先延ばしになったと考えられる。

自分が該当する接種群はハイライト表示されています。 株式会社JX通信社は、運営するニュース速報アプリ「NewsDigest」内で提供する「AIワクチン接種予測」機能を大幅にアップデートしたと発表した。

コロナワクチン接種を受けられる日がわかる? AIを使用した「新型コロナワクチン接種予測」スタート(リアルサウンド)

同社では、結果の確認は一度きりではなく、時間をおいて繰り返し確認することをすすめている。 しかし、JX通信社の調査によると、「第一群」の医療従事者を対象としたワクチン接種の進捗(しんちょく)率は、4月9日時点で23. アジア・デジタルメディアアワード2020 新型コロナウイルス感染症関連プロジェクト部門特別賞受賞。 2月上旬時点で全国約700の自治体から得た調査への回答(年内に人口の7割が接種する目処が立っていない)や自治体ごとの人口統計などの基礎データ、各都道府県の接種計画を分析し、予測結果の算出に反映しているという。

本機能は、データサイエンスを専門とする米イェール大学助教授で半熟仮想株式会社代表の成田悠輔氏の監修のもと、共同開発したものです。 ニュース速報や地震・災害速報のほか、鉄道情報など生活に必要な情報を最も速くお伝えする、ライフライン型ニュース速報アプリです。

「AIワクチン接種予測」高齢者のワクチン接種開始を前に大幅アップデート。予測結果が大きく変動 (2021年4月12日)

国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発のリスク情報を配信する「FASTALERT」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供しています。 機能の公開については、日本国民のワクチンへの高い関心に応えるとともに、自治体ごとの接種スケジュールといったロジスティクス上の課題をデータサイエンスによって明らかにすることで、より広く、早く行き渡ることへの貢献を目的としているという。 44%に留まっている。

12
研究者として、多分野のトップ学術誌・学会に査読付学術論文を出版(人工知能学会誌, AAAI, American Economic Review, Econometrica, Discrete Applied Mathematics, Management Science, Proceedings of the National Academy of Sciencesなど) 執筆者として、雑誌・文學界に「未来の超克」連載中。