ミニトマト 「アイコ」|商品情報いろいろ検索|タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ

植えつけの2週間ほど前に1㎡当たり苦土石灰150g、1週間ほど前に完熟堆肥3kgと有機配合肥料80gを目安として施します。 この形がかわいいのですが、普通の丸い果実のミニトマトと比べると、栽培する時に何か注意したほうが良い事などありますか? あと、美味しい果実を、たくさん収穫できるコツなどあれば教えてほしいです。 乾きやすい畑では第3段開花ごろを目安に水やりを始めますが、水もちのよい畑では水やりは必要ありません。

4
【果実の特徴】• 果実の皮が口の中に残りにくい 事も人気の理由です。 ダブル花房になりやすい(収量が多い)• ひと昔前まではトマトといえば大きく赤いものが主流だった。

【アイコ】ってミニトマト?特徴や旬、選び方、美味しい食べ方を紹介!

アイコの生育の特徴 アイコを育てる際に重要となる、生育の特徴は次の通りです。 強い耐病性、実のつきの良さ、ダブル花房の多さにより、 育てやすくて収量も確保できるので、初心者でも安心です。 登場してからは人気が広まり、今ではスーパーで1年中見かける定番のミニトマトとなっています。

3
アイコは裂果に強いトマト品種 【アイコの果実の断面】果肉が厚くゼリー部が少ないのが特徴 アイコの果実は、ゼリー部が少なく、果肉部が多い特徴をもち、果実の中の水分が少ないため、裂果のしにくい果実の構造となっています。 美味しいアイコの見分け方. しかし本来は夏が旬の野菜であるため、家庭菜園など露地栽培の場合は7~8月に収穫時期を迎える。

【アイコ】ってミニトマト?特徴や旬、選び方、美味しい食べ方を紹介!

そのため、収穫する際はヘタと房の茎をつなぐ節(ふし)に手をかけて、丁寧に収穫の作業を行います。

15
ただ、もっと長持ちさせるにはドライトマトもおすすめです。 苗は必ず購入できるので、無理に種から育てるより、良質な苗を購入して植えるようにしましょう。

ミニトマト 「アイコ」|商品情報いろいろ検索|タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ

今回は、このような特徴に対応し、最大の収量を出すために育て方のコツを中心に、アイコトマトの品種の特性や、収量アップのコツについて解説します。 アイコトマトは他の大玉トマトやミニトマトと同様、ビタミン類やミネラル類を豊富に含む品種です。 植えつけは第1花開花ごろを基本とし、極端な若苗では植えつけないようにします。

12
肉厚でゼリー部分が少ない• 完熟させた方が酸味が落ち、甘味が際立つので、できるだけ完熟した美味しい状態で収穫してみてくださいね。

【家庭菜園の定番】アイコトマトの育て方【収穫量を増やすコツも解説】

タネまき・植え付け 清潔な培養土を用いてセルトレイや育苗箱にタネまきします。 5%液を葉面散布すると効果が期待できます。

また、ビタミンCは皮膚や粘膜の健康を助け、カリウムは高血圧の改善に効果的です。

【家庭菜園の定番】アイコトマトの育て方【収穫量を増やすコツも解説】

裂果に強く、果肉が厚く、日もち性がよいので、赤熟収穫を心がけます。 ややおとなしい樹勢• 一般的にトマトといえば真ん丸とした形を思い浮かべるが、アイコは少し縦長の形をしている。 市場に出回るミニトマトの多くはハウス栽培されているため、1年を通じて収穫することができるようになっている。

6
裂果が少ない• 房どりの収穫方法は、房の根元から先までの、全ての果実を着色した状態で販売する事が必要で、 この収穫方法に向く品種選びと、栽培技術が必要です。 アイコトマトに含まれる栄養素のうち、代表的なものを以下に紹介します。

【アイコ】ってミニトマト?特徴や旬、選び方、美味しい食べ方を紹介!

美味しいアイコを長く楽しみたい方は、ドライトマトにもチャレンジしてみてくださいね。 また、プラム型の果実は、細長い果形で、• 苗での購入方法. アブラムシ、アザミウマ、コナジラミなどの防除を徹底します。

「アイコ」の花房は房どりに向く、1房あたり果実数の10〜15果になりやすく、裂果に強いため房どりを行いやすい品種です。 アイコの特徴は、リコピンの含有量だけではありません。

ミニトマト アイコ|トマト|サカタのタネ品種名鑑(野菜)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

アイコは房どりが可能なトマト品種 【房どりしたアイコの果実】根元から先まで均一に着色しやすい ミニトマトや中玉トマトの品種で、商品価値を高める方法として、房どりがあります。 病株は抜きとり、持ち出し処分します。 実は、他にも 「イエローアイコ」と 「オレンジアイコ」もあるんですよ。

3
水はけをよくし、茎葉が密集しないように風通しもよくします。 酸度は低く、より甘さが際立つので、そのまま食べてもフルーツ感覚で美味しく頂けます。

【アイコ】ってミニトマト?特徴や旬、選び方、美味しい食べ方を紹介!

水やりは、植えつけ時に株元へたっぷり与えますが、活着後は控えます。 アイコはプラム型のかわいい外見と、濃厚な食味を持つ果実の特徴がありますが、 一般的な丸い果実のミニトマト(通称:マルミニ)に比べると、収量が上がりにくい品種です。 実のつきが良い• 口に入れやすい• 縦長の形は「プラム型」と呼ばれており、多様な形があるトマトのなかでも珍しい。

18
育てやすく、家庭菜園に適している• まとめ【アイコは家庭菜園にもおすすめな大人気品種】 アイコは育てやすく、食味も良いため、家庭菜園にはうってつけのミニトマトです。 登録農薬(殺菌剤)を使用する場合は、説明書をよく読み、使用基準を厳守します。