ビスホスホネート(BP)一覧・作用機序・服薬指導のポイント(内服・注射)【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

骨吸収抑制薬:骨が分解されるのを抑える事で骨を弱くしないようにする このうち、アレンドロン酸は「骨吸収抑制薬」になります。 低カルシウム血症の患者。 アレンドロン酸は骨粗しょう症治療薬で「ビスホスホネート系」に属するお薬です。

11
服用後30分は横にならないでください。

ボナロン・フォサマック(アレンドロン酸)の作用機序と副作用

このため、骨の減少は遅くなる。 このお薬は、骨に付着して、骨のカルシウム分が血液に溶け出すのを防ぎます(骨吸収抑制作用)。 ここではアレンドロン酸の効能や特徴、副作用などを紹介していきます。

10
最近の研究で、ビスホスホネート(厳密に言うとゾレドロネートとアレンドロネート)は女性ののリスクファクターと報告された。

アレンドロン酸の効果と副作用【骨粗しょう症治療剤】

本剤は他のビスホスホネート系薬剤と同様に、咽喉頭、食道等の粘膜に対し局所刺激症状を引き起こす恐れがある。 骨粗鬆症の治療に処方される機会が増えています。 ビスホスホネート製剤(BP製剤)は水と一緒に服用しなければいけませんが、鉄分などのミネラルを多く含むミネラルウォーターと一緒に服用してもその効果が減弱してしまいます。

2
頭痛、関節痛、筋肉痛• 退行期骨粗鬆症患者365人を対象におこなわれた試験です。

骨粗鬆症の薬、起きてすぐ飲んで、その後寝転んだり物を食べたらダメなのは何故?~ビスホスホネート製剤の用法の理由

本剤を服用後、少なくとも30分経ってからその日の最初の食事を摂り、食事を終えるまで横にならない。

6
次の服用予定日が1週間以内にある場合は、一度病院や薬局に相談し、飲み方を変更するための相談をしてください。

ビスホスホネート(BP)一覧・作用機序・服薬指導のポイント(内服・注射)【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

また、薬を飲んだ後に身体を横にすると、薬の成分が胃から逆流してくる恐れがあります。 アレンドロン酸で生じる主な副作用としては、• ミノドロネートは日本で開発されたビスホスホネート製剤であり強い骨吸収抑制効果を持つ。 『ゾレドロン酸のEBM』監修 尾形悦郎、メディカルレビュー社、、2006年6月1日、第1版第1刷。

14
有効成分を探す開発費用、そしてそこから動物実験やヒトにおける臨床試験などで効果を確認するための研究費用など、お薬を1つ作るのには実は莫大な費用がかかるのです(製薬会社さんに聞いたところ、数百億という規模のお金がかかるそうです)。

ボナロン・フォサマック(アレンドロン酸)の作用機序と副作用

薬局薬剤師としては、新規開業、継承に携わった経験、管理薬剤師としての経験を活かし、現在福岡県内でティーダ薬局を運営。 このような概念のもと、破骨細胞の働きを強力に抑制する薬がアレンドロン酸(商品名:フォサマック、ボナロン)です。

20
本剤を服用後、少なくとも30分経ってからその日の最初の食事を摂り、食事を終えるまで横にならないこと。