【サンムーン】「ランドロス」がついに使用率3位に上昇 6月14日PGL使用率ランキング更新まとめ

コケコランドグロスはシーズン3で数多くの結果を残しており、レート2000達成者のパーティ公開も多いために同じ構築を使ってみようという人も多かったのではないだろうか。 しかしシーズン4ではそれに関わらず使用率が急上昇しており、現在ではなんと3位まで上り詰めている。

10
使用できるのは、下記の通りになります。

【サンムーン】「ランドロス」がついに使用率3位に上昇 6月14日PGL使用率ランキング更新まとめ

1位から5位までのTOP5は変わらないメンバーです。

・ポリゴン2やサンダー、カプ・レヒレ絡みのサイクルにかなり強い。

ポケモンバトルデータベース ソード・シールド

各世代のポケモンと使用率に関する話題. ・特殊型も存在しており、後手に回ってしまうと厄介。 特性「せいでんき」や一致技の「ぼうふう」の不確定要素が強く、かなりの数のプレイヤーの悩みのタネになっているようだ。 ポケモンソード・シールド(ポケモン剣盾)2021年の新ルールとなり1ヶ月目の 5月ランクバトル(シーズン178)の使用率ランキングが発表となりました。

3
使用できるのは、下記の通りになります。

【ポケモン剣盾】エースバーンが使用率BIG6を覆す! トゲキッスを抜いて4位にランクイン

ボーマンダ•。 カビゴン• バシャーモ• 前月と違う点は禁止級の伝説ポケモンが使用禁止となりました。 が1匹まで参加可能です 今回、使用できないポケモンは、です。

19
6〜10 前回16位のバドレックスが10位に来ている他に変わりはありません。

ポケモンバトルデータベース ソード・シールド

特性いかくかつ優秀な種族値とタイプによって同じく氷4倍弱点のじめんタイプであるガブリアスの使用率を抜いており、ガブリアス使用率低下の要因でもある。 1位から5位までのTOP5は変わらないメンバーです。 現環境を席巻する強力なポケモンの1匹だ。

12
しかし、その人気ゆえに700種類を超えるバラエティ豊かなポケモンにおいてでも、うんざりするようなミラーマッチ(似たようなパーティ同士の戦い)を引き起こしてしまうケースも散見される。

【ポケモン剣盾】2021年4月使用率ランキング一覧(シングル)

・優秀な耐性と「ボルトチェンジ」によるサイクル性能が優秀。 by: そして今作ではカプ・コケコという強力な相方が登場し、トンボルチェンループの「コケコランドグロス」という構築もメジャーになっている。 カミツルギ• クチート• 11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 21位 22位 23位 24位 25位 26位 27位 28位 29位 30位 ランキングの解説 どの構築にも入りやすいサンダー 性能に目立った穴が少なく、どの構築に入りやすいポケモン。

12
キノガッサ• ・起点作り役と組み合わせ、「めいそう」によって要塞化するポケモン。 また、じめんタイプのポケモンの多様性が増したのでマンムーの使用率が下がり、ランドロスの使用率が上がっている。

【朗報】デリバード、遂に使用率ランキングに入り込む!【ポケモン剣盾】

カバルドン• 新環境の最強ポケモン50位まで順位を紹介します。

7
ランキング21位〜30位 21〜25 ポリゴン2は33位から22位に上昇しました。

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング|使用率まとめ【冠の雪原】|ゲームエイト

レジエレキがカイオーガ対策? 使用率2位にいるレジエレキは、スカーフ持ちのカイオーガを上から弱点を付ける。 アーゴヨン• カプ・テテフ• ボルトロス• コケコランドグロスはシーズン3で数多くの結果を残しており、レート2000達成者のパーティ公開も多いために同じ構築を使ってみようという人も多かったのではないだろうか。 メタグロス• レジエレキがカイオーガ対策? 使用率2位にいるレジエレキは、スカーフ持ちのカイオーガを上から弱点を付ける。

18
アローラ御三家、も使用ができます。 ランドロス• 特性「せいでんき」や一致技の「ぼうふう」の不確定要素が強く、かなりの数のプレイヤーの悩みのタネになっているようだ。