<週刊ポスト>絶対に「次の総理」にしてはいけない9人の政治家 政治を知り尽くしたOB&ベテラン記者が実名告発 赤かぶ

稲田さんは防衛大臣のときに森友問題や自衛隊の日報問題で、平気で嘘をついた。

8
ただ、岸田氏は選挙区が広島一区で、原爆が投下された地域。 個別に挙げるまでもなく、自民勢力 自公維 の人間は誰も駄目ですよ。

なぜ『週刊現代』と『週刊ポスト』の部数は凋落したのか?:出版&新聞ビジネスの明日を考える(5/5 ページ)

あの判断を見ても国民の声を汲み取れていない。

15
安倍内閣の長期政権は党幹部、議員、官僚の忖度で成り立っていた。

なぜ『週刊現代』と『週刊ポスト』の部数は凋落したのか?:出版&新聞ビジネスの明日を考える(1/5 ページ)

父は元日本航空国際線パイロット、母は元客室乗務員だそう。 のマナ板紳士録(やくみつる)• 部数減とともに広告も減って経営を圧迫しています。

1
岸田氏が総理だったら何も決断できなかったのではないか。

週刊ポスト

それを西村は議事概要でいいという。 週刊誌の部数減に歯止めがかからない背景には、何があるのだろうか?• しかし、だからといって、休刊すればいいものではない」 『週刊現代』の実売が20万部に満たないのならば、返品率は半分近くにもなるのだろうか。

1
0 週刊誌の発行部数は、スキャンダラスな事件の有無などにも左右されるから、即断はできないものの、4大誌ともに部数を減らしており、部数の少ない方から売れなくなってきている傾向が見て取れる。 この記事は強い反発を受け、、などはポストのみならず、との断絶を表明した。

週刊ポストの袋とじ画像を無料で見る方法!最新号の記事の試し読みも

いろんな面で認識不足、政治家としてのベースができていない。 連載記事 [ ] 連載中 [ ]• 2000年2月4日号掲載の選手に対する記事「やっぱり! 2015年5月29日号(2015年5月18日発売)にて、「 〈政権中枢大激震〉に流れた「マネー」3,000万円重大疑惑スッパ抜く」の記事と同一ページに、が出稿した協賛TOOTH FAIRYプロジェクトの広告を掲載、及びが謝罪することとなった。

4
『』を吸収する形で創刊。 概要 [ ]• ・・・・・・・・・・・・・・ 43. 歴代編集長 [ ]• ただ戦争とキャンディーズオタクで、外交や経済は官僚任せになるので、 厄人の税金ドロボーが増えるだけだべ。

週刊ポストの袋とじ画像を無料で見る方法!最新号の記事の試し読みも

妹は元プロスケーターの村主千香さんです。

4
票田のトラクター五輪見参• 自民党議員なんて、どいつもこいつも五十歩百歩です。

<週刊ポスト>絶対に「次の総理」にしてはいけない9人の政治家 政治を知り尽くしたOB&ベテラン記者が実名告発 赤かぶ

に、による「角界浄化スクープ」と題するのを告発する記事を掲載、と合戦になっていた。

19
いくら人柄が良くても、存在感を示せなければ一国のリーダーとは認められないし、長期政権など無理。

なぜ『週刊現代』と『週刊ポスト』の部数は凋落したのか?:出版&新聞ビジネスの明日を考える(5/5 ページ)

総理にしてはダメです」(元経産官僚の古賀茂明氏) 嘘つきは誰だ? 長い記事にして「ウソを本当のように見せかける」フェイク記事ですね。 最近は Amazonファイヤースティックに対応したので テレビの大画面でも簡単に見れますし、テレビを使ってみんなで見るのもおすすめです。

アマゾンアカウントでログインし各種情報を入力する (持っていない場合は新規作成が必要)• (インターネットアーカイブによる2009年3月8日分キャッシュ)• 名簿は維新の会の限られた人物しか閲覧できず、流出は内部の人間が行なったことと見て、大阪維新の会で調査が進められた。

週刊ポストの最新号【2021年7/30・8/6号 (発売日2021年07月16日)】

村主章枝さんは、3歳から5歳までをアメリカのアラスカ州アンカレッジで過ごしており、そのときにスケートをはじめとするウィンタースポーツに親しんだことが競技生活の原点となりました。 2006年12月22日号に「税調会長 『愛人と官舎同棲』をスクープ撮」を掲載。 時々、テレビのを告発する記事も掲載している。

14
特に「アベノミクス」という資産バブル政策の大失敗で、日本国民の年金資金にぽっかり大穴が空いた責任を誰がとるのかで大混乱が起こる可能性がある。 総合週刊誌の部数減を食い止めるにはどうしたらいいのか。