【悲報】小池都知事「床面積の大きさにかかわらず、映画館や劇場、パチンコ店、ゲームセンター、スポーツジムなどにも休業要請しまぁす!」

セントラルスポーツは5月10日に各店舗ホームページにて対応を発表しています。 緊急事態宣言解除が決定した日の翌日午前零時から自粛緩和になるようです。

6
休業が長期化する可能性もあり、この機会に、さまざまな契約を見直す必要があると思います。 スポーツクラブルネサンス は、緊急事態宣言の対象地域追加に対して、以下の対応予定です。

東京・大阪、休業要請継続へ 京都・兵庫は土日のみ―大型施設への対応分かれる:時事ドットコム

【休業期間中の会費調整について】 フィットネス会員は、休業期間に相応する会費分を 6 月以降の会費で調整(休会料を除く) エニタイムフィットネス は緊急事態宣言延長に対して、以下の対応予定です。 (4月23日発表) この度、4月23日(金)政府により4都府県(東京都、大阪府、京都府、兵庫県)を対象とした緊急事態宣言が発出され、現在その対応を協議しております。

これを2週間単位で評価するようですから、大部分で自粛解除が済むのは早くても1月以上かかることになりますね。 持病も有り、もし感染したらと思うからです。

【悲報】小池都知事「床面積の大きさにかかわらず、映画館や劇場、パチンコ店、ゲームセンター、スポーツジムなどにも休業要請しまぁす!」

早めに所属しているスポーツクラブやジムへ確認することをお勧めします。 今回の内容は、特措法に基づく休業要請対象には該当しないため、エニタイムフィットネスは、会員のみなさまとスタッフの安全・安心の確保を第一に考え、感染拡大防止対策を徹底し、対象都府県を含め通常通り営業いたします。

20
2020年5月14日に東京など8都道府県を除く全国39県で 緊急事態宣言が解除されました。 兵庫県も京都府と歩調を合わせる。

東京都の休業要請緩和 スポーツジムやカラオケ店は次段階以降

自粛解除が発表される中で 運動施設の利用について主要な自治体の対応について調べてみました。 (4月24日発表) 下記店舗は、 臨時休業させていただきます。

(5月10日) 5月12日(水)からの営業についてのお知らせをホームページに掲載しました。 4月23日(金)に政府より4都府県(東京、大阪、兵庫、京都)を対象とした緊急事態宣言が発出されました。

【悲報】小池都知事「床面積の大きさにかかわらず、映画館や劇場、パチンコ店、ゲームセンター、スポーツジムなどにも休業要請しまぁす!」

東京都の場合、大型商業施設には、1店舗につき1日あたり20万円、テナントには1日あたり2万円の協力金を支給する方針。 主観的な意見なのですが、スポーツジムや飲食店などクラスター発生時は感染対策がとられていたとは考えにくいのです。 速度を速めることで、経済活動を活発化させたい狙い。

11
スポーツクラブが休業の場合、会費はどうなるのか それでは、利用料金はどうなるでしょうか。 ただ、具体的な対応は各知事が判断できるようにする。

【悲報】小池都知事「床面積の大きさにかかわらず、映画館や劇場、パチンコ店、ゲームセンター、スポーツジムなどにも休業要請しまぁす!」

東京都は、新型コロナウイルスの対策本部会議で休業要請の緩和にあたり、これまで対応が決まっていなかったスポーツジムやカラオケ店などを対象に含め、26日から始まった「ステップ1」の次の段階以降に緩和することを決めました。 運営の自粛ではなく、公的に制限されるようになった 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、4月7日に東京都など7都府県を対象にして「緊急事態宣言」が発令されました。 対象店舗: (東京都) ・新宿24Plus ・青山 ・聖路加ガーデン ・RAFEEL恵比寿24Plus ・雪谷24Plus ・多摩川 ・本駒込 ・赤塚24Plus ・十条24Plus ・金町24Plus ・武蔵小金井 ・南大沢24Plus (大阪府) ・梅田 ・心斎橋EAST24Plus ・心斎橋WEST24Plus ・あべの24Plus ・江坂24Plus ・茨木24Plus ・もりのみやキューズモール ・鶴ヶ丘24Plus ・住道24Plus ・狭山24Plus なお現在は以下のような対応になっています。

(5月14日発表) 緊急事態宣言の対象地域が追加されるとの報道がなされていますが、それに伴う弊社施設(北海道、岡山県の施設)の営業については、5月17日(月)の夕方を目途にお知らせする予定です。

東京都の休業要請緩和 スポーツジムやカラオケ店は次段階以降

スポーツジムは公的な施設より民間経営の施設が多いと思います。

2
また、カラオケ店と接待を伴わないバーについては、ネットカフェなどと同じ「ステップ3」とし、感染状況などを見ながら緩和の時期について判断することにしています。 3度目の緊急事態宣言に伴う商業施設などへの休業要請について、東京都は、独自の取り組みとして、床面積の大きさにかかわらず、映画館や劇場などの施設に対しては休業の協力を求める方針を固めました。