PSTEP Science Nuggets No.18 (20190107)コロナ質量放出の発生予測に向けた太陽フレアパラメータ・シグモイド構造との相関研究

この災害に関しては、英国のリーアム・フォックス国防相が 9月20日にロンドンで緊急会議を招集したほど脅威は大きいようだ。 アイリスがとらえた太陽のコロナ質量放出。

(短波を利用するラジオなどが使用不可になります) ただ、短波よりも高い周波数の電波や中波などには影響は少ないようで、 デリンジャー現象で、社会に大ダメージを与えるほどの被害は無いと思います。

汎世界的ミューオン観測網のデータからコロナ質量放出の地球到達時の構造を解明 ~南極・昭和基地での宇宙線観測がきっかけ~│研究成果│国立極地研究所

さらに約17時間後、CMEの勢いが秒速約1000kmに落ちほぼ消えたときの情報も得えている。 下記は、コロナ質量放出によるプラズマの塊が、地球をヒットした場合の動画です。 それは、高速の太陽風プラズマが後方から追いつき、磁気フラックスロープを局所的に圧縮しているのではないかということだ。

19
これは太陽の自転とともに太陽の縁に移動すると、宇宙を背景に明るいループ構造として観測され、 プロミネンス(紅炎)とも呼ばれます。

磁気嵐の予測に向けた新しいコロナ質量放出シミュレーションの開発に成功

まず、Wikipediaで調べると、太陽フレアは、下記のように書かれています。

コロナ質量放出内部の磁場構造は、ねじれた複雑な構造を持っていることが観測されています。

磁気嵐の予測に向けた新しいコロナ質量放出シミュレーションの開発に成功

装置・施設・データベース• それは、カナダのケベックで発電所の電力供給を停止させた。

太陽フレアは、太陽コロナの小さな領域からの突然の増強によって実際に説明されます。

史上最速レベルのコロナ質量放出が発生

概要 [ ] コロナ質量放出は元来1970年代にに搭載されたにより最初に発見されたものの、当時は太陽フレアに伴う爆風ではないかと考えられており、コロナ突発現象 coronal transient と呼ばれていた。

7
宇宙線密度の増加期間(の水色部分)は磁場強度とプラズマ密度の増加している期間と重なっていることなどから、高速の太陽風プラズマが後方から追いついてMFRを局所的に圧縮しているのではないかと考えました。 太陽風は、黄色い「開いた磁力線」に沿って流れ出す。

史上最速レベルのコロナ質量放出が発生

それぞれについて説明しますと・・・ まず、デリンジャー現象と言うのは、太陽フレアによるX線や紫外線などの影響で、 電離層の電子密度が増加し、特に、短波(3-30 MHz)の周波数帯において、 通信障害を発生させる現象です。 21 2013年 - 太陽フレアが空を赤く染め、それはインターネットを消し去り、地球を麻痺させる 9月20日、太陽エネルギーの巨大な爆発が3年後に地球を麻痺させてしまうかもしれないと科学者が警告を発した。

19
そのため、磁気嵐のはじまりそうなタイミングはある程度予測できても、磁気嵐の規模はわからない、という状況でした。 強力な磁場を伴うCMEが地球の近くを通ると、「地磁気嵐」と呼ばれる現象が起こる。

太陽フレアとコロナ質量放出の主な違いは何ですか?

第3にMFRの後方から早い太陽風が追いついてきていることが分かっており、MFRと太陽風との相互作用が予想されるといった点です。 太陽の磁力線の群れが、地球の公転軌道まで届いてしまうというものだとする。

4
この太陽フレアにともなって、大量のプラズマとともに大量の磁場が放出されますが、これを「コロナ質量放出」と呼びます()。 これは、「ハロウィーン嵐」と呼ばれる2003年10月の巨大地磁気嵐を起こしたCMEよりも強かったのです(ゴダード宇宙飛行センター宇宙天気研究室のAntti Pulkkinen氏)。