科捜研の女│歴代キャストの9人の女優とゲスト8人と死亡した役者(2020)

枝川小春(お茶屋「福に志」女将) -• 笹山みずえ(満の別居中の妻) -• 任された仕事は三日間の徹夜でもやりとげる根性があり、検査が一段落している合間に職場で睡眠を摂る。

2
勝ち気な性格で警察犬担当者としてのプライドが高く、警察犬の能力を絶対的に信じている。

【科捜研の女】歴代若手刑事一覧 木場・土門の部下 /伊藤裕子 丸山智己 高橋光臣 崎本大海・・・: Old Fashioned Club

柴田麻美(高明の元妻・派遣社員) -• 牧原幸一(前科者) -• 事件解決後はマリコにプロポーズするが、あっさりと断られてしまった。 心理学で(自分を)見破られる事や痛い点を突かれると反論する。

6
S19第23話で再登場し、仕事のため京都に帰省しており、科捜研に顔を出した際にはマリコに兄の妻のことや過去の出来事を話した。 会うのも和正が出張で東京を訪れた時か、休暇で帰省する時のみである。

伊藤裕子

何事にもめげない陽気な性格で、悪戯好きな反面、努力を惜しまず粘り強くコツコツと捜査や実験を積み重ねて確証を掴んでいく秀才タイプの研究員である。 科捜研の女 Season 1(1999年) [ ] 第1話「声紋は語る!京都大文字の夜 謎の女が…」• 土曜ワイド劇場「4 同居人は夫殺しの女! デスクワークではいかなる状況でも木製の立体的なパズルに挑戦しており、いつも苦戦していた。

3
東原和美(スナック「小里」店主) - 第8話「15年前の鑑定ミス! 臨場 第一章(2009年4月15日 - 6月24日)• しかし、の軽口には容赦なく耳を引っ張ったり叩いたりしている。 岡谷晴彦(「ウェストテレビ」AD) -• S18第3話では被害者と関係がある事で捜査から外された土門の代わりとして、やマリコと共に犯人の元に立ち会い、犯人に逮捕状を見せた上で一連の推理を語った。

伊藤 裕子 いとう ゆうこ

(関西テレビ・フジテレビ) - 準レギュラー• 真山久美子(徹の母) -• 再起動します」と発言するなど、パソコン用語混じりの発言をする傾向があった。

大学時代は山岳部に在籍していたため登山に関する知識が深く、事件の捜査で山に昇る際は先頭を歩いて皆を誘導することが多い。 この一件で蒲原は土門に叱責されマリコにも諭されて、落合の捜査手法に疑問を抱くようになり、「落合の正義」と「自分の正義」は違うことに気付いて、組対三課への誘いを断り、落合とは距離を置くことになった(S15第3話)。

伊藤裕子

山崎冬美(香月法律事務所の弁護士) -• 怜子は夫と同じ銃器対策課に異動願を出し、銃器対策課の刑事としてかなりの実績をあげていたが、売人を憎むあまりに行き過ぎた取り締まりを行い、違法捜査をしたことによって銃器対策課に居られなくなり、警察犬担当に異動することになったという経緯がある。 第3話(2009年、) - 松永貴子 役• 「海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ」京子先生役 監督 太田隆文(2006年)• 科学的に数値化や物理的に可視化出来ないものが苦手で解する事ができない。

19
根本裕之(京都府北山警察署 巡査部長) - (第8話のみ)• 第7話で事件に巻き込まれて犯人に遭遇し、電話で科捜研に犯人にばれないようにSOSを求めるが、オブラートが全く通じないマリコが相手だったために救助は遅れて負傷する。 ルールを守れないタイプなため、上司からは頻繁に咎められているが、本人は全く気にしていない。

科捜研の女│歴代キャストの9人の女優とゲスト8人と死亡した役者(2020)

(2009年) - 三浦早紀 役• ドラマスペシャル 〜Love Stories〜2. S6では産休のためにしばらく休むことになり、が光子の代理を務めていた。

加藤(宗陶苑の管理人) -• (2007年、) - MC• 木村彩(劇団「蒼天」女優・本名「松山寿子」) -• CXほんとにあった怖い話 夏の特別編2005(2005年)• 早乙女麻雄(評論家) -• ただし手品までは暴いて空気を壊したりはしない。 京都府警科捜研の中途採用試験を受験し、採用された。

伊藤裕子

空白期(第8シリーズ~第9シリーズ) 木佐貫は第7シリーズ限りで姿を消し、次の第8・9シリーズは若手刑事枠が空席となります。 初めて遺体を見た時は動揺して逃げ出していたが、マリコや解剖医のの真摯な姿勢に触れて遺体の状態を見ておくことの重要性を知り、躊躇なく遺体に触れることができるようになった。

/花椿の秘密(1997年、)• 味谷進(京都府警薬物対策課 刑事) -• のシングル曲「」(2004年)のに出演• 朗読劇「」(2018年9月13日・14日・20日、あうるすぽっと) - 刑事 役 テレビ番組 [ ]• また、加害者よりも被害者の方が悪質だった後味の悪い事件では流石のマリコも心が折れそうになったところを慰めるなどの単純だったマリコの正義感に大きく影響を与えたこともあり、特に城丸、吉田など自身を慕う部下もそれなりに多い。