気象庁|地震について

4)、川口町、、で最大震度6強。

7
最新の地震が1923年の関東地震(関東大震災)ですので、この種類の地震については、まだ切迫性はないと考えられています。

日本7.3地震最大震度6強 福島人受驚嚇憶起311[影]

小笠原諸島西方沖で地震 - Mj7. 2016年に発生した最大震度7の熊本地震が記憶に新しいですが、過去にも震度5~6の地震が何度も発生しており、注意が必要です。 地震動により火薬庫爆発し、熊本城が破損。 ここをよく見ると(下の中央アメリカの西の海底参照)、中央海嶺の真ん中は溝(中軸谷)になっていて、さらにその中軸谷が所々でギザギザにずれているのがわかる(断裂帯という)。

17
- を南北に走るの1つ前の活動(次が1586年の)とする説がある。 0以上で日本国内で 最大6弱以上、または 死者・行方不明者1人以上のいずれか1つ以上に該当する場合。

【災害の多い国、日本】地震の発生率は世界4位!リスクを知って備えよう

日本国内での 死者142人。 例えば、気象庁が名称を定めた「平成7年 1995年 兵庫県南部地震」による災害は、 政府として「阪神・淡路大震災」、「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」による災害は、政府として「東日本大震災」と呼称するなど、それぞれ地震を指す場合と災害を指す場合とで使い分けられています。 海のプレートが西日本に沈み込む南海トラフは、いわばフィリピン海プレートの旅の終着点です。

20
9,756 KB• 5、の鐘が落下、伊勢は津波で多く損じ(『』)、駿河で民家400余流失など(『』)。 (寛政4年) - 北海道沖合で地震。

日本7.3地震最大震度6強 福島人受驚嚇憶起311[影]

北海道と青森県で最大震度2。

8
(元禄13年) - M7.。 ()(2年) - M6. - Mj7. 0以上の 地震 じしん が全世界の20%が日本周辺で発生しています。

日本の地震活動

震源 ( しんげん )が陸に近かったため、 地震 ( じしん )から7分後に 津波 ( つなみ )が 押 ( お )し 寄 ( よ )せ、海岸から 逃 ( に )げおくれた人が 犠牲 ( ぎせい )となりました。 また、第2版及び改訂版以降に公表した、、等の評価や、は、新しい知見や観測成果に基づいていますので、本報告書の内容とは異なる場合があります。

12
()(4年) - M6. 『』に「 地震」の記述がある。 の最大余震。

地震の年表 (日本)

3、北海道帯広市・広尾町・釧路市・根室市で最大震度3。

(昭和28年) - Mj7. 地震調査委員会では、本報告書の改訂を進めていますが、改訂版が未発行の地方の情報は、第2版を参照してください。 5、上徳地村で潰家289、死者3人(『毛利十一代史』)。

公益社団法人 日本地震学会

地震 ( じしん )の大きさは、日本国内で 観測 ( かんそく ) 史上 ( しじょう ) 最大 ( さいだい )、世界で見ても1900年 以降 ( いこう )に発生した 地震 ( じしん )では4番目の大きさでした。 1923年以前は多くが、河角(1951) または、宇佐美(1970, 2003) あるいは宇津(1999) による推定値である。 4、宮城県仙台市・石巻市、福島県いわき市で最大震度5。

()(2年) 宮古の辺に20時ごろから翌朝まで9回地震、大津波が13時ごろまでに3回来襲(『奥南見聞録』)。 他の地方と比べると地震の少ない地方と言えますが、鳥取県で大地震が過去複数回発生しているため、特に注意が必要です。

地震の多い国、日本

で、や時を超える規模の「東北太平洋沿岸津波」が発生したと推定されている。 震源の深さが地表に近くなると断層が地表にまで現れることがあり、そういった断層の例としては、兵庫県の淡路島の野島断層や岐阜県本巣市の根尾谷断層が有名です。 越後・越中で地震。

フィリピン海プレートの動きに乗って少しずつ北上して約100 万~ 50 万年前に本州とぶつかりました。 1、、、で最大震度4。