魔界・外道も障碍することなし|『歎異抄』第七章の仰せ|浄土真宗 親鸞会

意味 ささえる/さまたげる/邪魔をする 礙の用法:五礙 五礙【ごげ】とは、仏教用語における「女性が持つ5つの障害」といわれるもの。 大人の教養として、知っておくと良いでしょう。 「無下にする」だけではなく、「無下に扱う」「無下に断る」など他の使い方においても、誤って「無碍」を使わないよう注意しましょう。

14
「むげ」と読みます。 一方、無碍を英語にすると「freedom」「free from obstacles」「flexible」となり、例えば上記の「融通無碍」を英語にすると「quite flexible」となります。

「無碍」と「無下」の意味の違いと使い分け

例文5にあるように、無碍と無下は同音の言葉なので、変換ミスにより誤用となりやすい言葉です。 「融通」は、多くの場合で、この「融通が利く」又は「融通が利かない」という表現で使われます。

「無碍」は何ものにも妨げられることなく、自由自在であることを表す言葉です。 「融通が利く」とは、「臨機応変に柔軟な対応ができる」という意味を持ちます。

「融通無碍」の意味と使い方とは?語源や類語・反意語も解説

この2つの漢字の意味から、「融通」は、「 物事が親和し、とどこおりなくすすむ」という意味を表します。 例えば、戦争や暴力が正義の名において行われていることを、私たちはニュースを通して知っています。また、私たちの身近な問題に目を向けてみると、家庭や職場や学校のなかで、相手のためによかれと思って言ったり行っているが、実は相手の心を傷付けていることも案外多いのではないでしょうか。このように見てくると、私たちの「チエ」による物事の見方は、多くの問題をもった、不十分な見方であることが浮かび上がってきます。 しかし、いまだ人類は真の幸福を知りません。

「礙」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 6669 新大字典 講談社 11133 新潮日本語漢字辞典 新潮社 7954 大漢和辞典 大修館書店 24542 大漢語林 大修館書店 7836 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

表現方法は「無下にあしらう」「厚意を無下にする」「自分を無下にする」 「無下にあしらう」「厚意を無下にする」「自分を無下にする」などが、無下を使った一般的な言い回しです。 辞無礙/辞無碍【じむげ】 [仏]菩薩 ボサツ や仏 ホトケ が実現する自在な能力、四無碍 シムゲ の一つ。 融通無碍• 「無下」の類語には、「無益」「無駄」「顧みない」「放っておく」「捨て置く」「なおざりにする」などがあります。

「融通無碍」「自由無碍」は「考えや行いにとらわれずに、思うがままにすること」を意味します。

融通無碍の意味とは

無下は名詞ですが、「無下に」という副詞で使われることが多い言葉です。

2
無碍の意味 無碍とは 無碍とは、 妨げのないこと、何ものにもとらわれないことを意味しています。 ネットの記事などでもよくある間違いです。

「礙」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

由来は仏教用語で、仏教での「融通無碍」は、「この世にあるものはすべてつながっており、互いに影響を与えている」という意味になっています。 上記の例文の「無下に拒絶した」とは、一切の配慮がなく冷淡にはっきりと断ることを表します。 「融通無碍」の反意語を使いこなしましょう 融通無碍の英語表現 融通無碍そのものに対応する英単語はありませんが、融通がきくという意味を持つ英単語として「flexible」「adaptable」などがあります。

1
「無」は音読みで「ム・ブ」、訓読みで「ない・なみする」と読みます。 例えば、「相手の依頼を無下に断ってしまう」「相手の立場が下であっても無下に扱ってはいけない」などと言います。

融通無碍の意味とは

無下の例文 5.メールに「親切を無碍にするな」と書いてあるが、「無下にするな」の変換ミスだろう。 「下」は「程度や状態が低いこと」を意味します。 それぞれの類義語を調べてみると、より違いがわかりやすくなります。

11
「融通無碍」という四字熟語の意味や使い方をご存知でしょうか。