ルアーマチックMB S70UL

ビジュアルの特徴としては、ロッドの手元側にゴールド色のメタルリングが2つ配置されていて、高級感があります。 Twitterからも引用してみました。 この「ルアーマチック」シリーズには数多くのバリエーション(トラウト用、バス用、・アジ用、シーバス用)が存在し、この「S86ML」は「シーバス(スズキ)、エギング、タチウオ、トラウトなど幅広いルアーゲームに対応するオールラウンダー(ホームページより引用)」なモデルとなっています。

そのルアーマチックに2020年に追加された新しいモデルが、 ルアーマチックMB。 特徴 メバリング&アジングロッドの場合、魚が自動的に針掛かりしやすい 「ソリッドティップ(竿先部分の中身が詰まった、比較的柔らかめの「魚が自動的に掛かりやすい」タイプ)」と 「チューブラートップ(竿先部分の中身が中空になっていて、魚のアタリが良く分かる「釣り人が自分から魚を掛けていく」タイプ)」の二種類がありますが、このS76ULは「チューブラートップ」になります。

シマノ「ルアーマチック」からエギングに使えるモデルを厳選!

実は同じのスピニングリール用ルアーロッドで「S806L」「S809M」というスペックのものを持っているのですが、ウキ釣りやちょい投げ釣りに使う際に「L(ライト)」ではロッドが柔らかくてMLに比べて仕掛けの飛距離が出しにくく、「M(ミディアム)」では仕掛けの飛距離は出るのですが、やアジなどといったサイズの魚のアタリがあった時にはロッドが硬すぎて、エサをくわえた魚の口にうまく針が刺さらない(このような現象を 「バイト(英語で「噛む」「魚が釣れる」などといった意味)を弾く」などと言います。 安心してキャロリグやスプリットリグが使える。

特徴 実際に数年間使っている上での個人的な感想ですが、 「たいていの釣りはこの一本でまかなえてしまうロッド」です。 255• 自重90gという十分な軽さ。

日々向上の試み: ライトロッド購入【ルアーマチックS76UL・SHIMANO】

繊細なアジングにもルーマチックは十分対応できます! 安心してキャロリグやスプリットリグが使える ロッドの適合ルアーウエイトが、0. ロッドのガイドと呼ばれる輪っかの中にある、リングの素材の事を言っており、そのような理由からSICリングのガイドを選ぶ方がほとんどです。 普段のときならしないことをしたがために、悲惨なことに。 僕自身、実際に使っている中で「重さによる疲れ」を感じたことなどは、特にありません。

8
多魚種に対応するハイコスパロッド• 普及価格帯の常識を覆す高性能ブランクスを採用することで、ダルさやブレを極力排除。 虫エサではなく、ジグ単にワームをつけて狙う予定でした。

日々向上の試み: ライトロッド購入【ルアーマチックS76UL・SHIMANO】

そのため、 仕舞寸法が約75cmあります。 また、以下は参考までにですが… ダイワ派の方には、こちらのロッドがほぼ同じようなスペックで販売されています。 普段使いだけでなく、旅行や出張のお伴にも最適です。

ほぼ竿尻にグリップがあることによってロッドの感度が上がることは、さんもでおっしゃっていました。

シマノ ルアーマチックって実際どうなの?選び方や口コミと評判まとめ|ナカログ

19追記】 「ルアーマチック」シリーズおよび「アリビオ」シリーズに関する補足情報の記事を書きましたので、よろしければこちらも併せてご覧ください。

4
僕がこの手の釣りをする時には、同じルアーマチックの「S76UL」というモデルを使用しています。

シマノ「ルアーマチック」からエギングに使えるモデルを厳選!

調子はやや柔らかく小型の魚の当たりも敏感に合わせることができます。 最大の特長は約62~78cmのコンパクトな仕舞寸法。 ルアーマチックはショアからのライトルアーゲーム、ショアジギング、淡水でのトラウトゲームなど幅広いルアーゲームに対応でき、コストパフォーマンスが非常に高いところが一番の特徴です。

僕自身が購入するきっかけとなったのは、同じ「ルアーマチック」シリーズのS86MLを使った電気ウキ釣りをしているうちに「もう少し柔らかいロッドで釣りをしたら、もっと魚の引きを楽しめるのではないか」と思って、過去の父の日のプレゼントとして購入してもらったものです。 あまり軽量すぎると、ロッドを重く感じやすくなってしまいます。