仲本浩喜

他の講師がオファーを断ったため、執筆が回ってきた。

19
『TOEFLテスト英文法ゼミ』(SSコミュニケーションズ)• 広島県広島市出身。 …、すいません、わかりません。

プロフィール « 英語講師 仲本浩喜 Official Site

駿台時代は 師、 師(代ゼミ移籍の一因ともなる確執があった)、なぜかの 師(後述)、代ゼミでも一部の講師を強く罵っている。

13
言語には、数学のように「1+1は2」と割り切れる面と、割り切れない面があります。

仲本浩喜

これからも思うこともないと誓える。

マックユーザー。

代々木ゼミナール(予備校)

一般向けの英文法の本も執筆。 オレも(テキストの付録に)付けようかな、『これで大丈夫 英単語10000』とか。 チャレンジ私大• 過度な他講師批判により、様々なところとの軋轢が多々あったようである。

5
来春、合格した自分の姿をイメージし、そこに一歩一歩近づくために日々切磋琢磨してほしいと思います。 現 講師。

代々木ゼミナール(予備校)

1995年度• 1996 - 1999年度• 代々木ゼミナールでは、本科授業で「英文法A・B」「構文精解A」「センター英語」を担当。 1996年、まだそれほど人気のなかった「上智大英語」を初めて締め切り講座にしたほか、著書『英文法TOP100』は当時受験生の誰もが使っていた『英頻』を抜く売り上げも記録している。 したがって、「趣味は奥さん」ということになります。

11
」はの 師と思われる。 当時としては異例といえるほどの若さで、のコースで「英文法」の授業を担当。

プロフィール « 英語講師 仲本浩喜 Official Site

もう1つは、勉強法の指導。

『英検2級即戦ゼミ』(SSコミュニケーションズ)• 外見は、 マッチョな春風亭昇太。 そう、仲本はとても真面目なんです。

代々木ゼミナール(予備校)

「 」の担当講師は、前任が上智の同級の武富師、後任は上智の一学年先輩の勝田師であった。 駿台時代は、 、 、、、、に出講していた。

雑談のレベルもかなり高くおもしろい。 元 トフルアカデミー講師(1988 - 年度)。

プロフィール « 英語講師 仲本浩喜 Official Site

」になった(本人ツイッターより)。

11
」と一応自覚はしている。 『英文法形式別問題集 Vol. 『大学入試攻略 英文法TOP100(駿台受験シリーズ)』( 、1997年)• また、駿台予備校では、本部の東大・早慶上智、市ヶ谷校舎の医系「スーパーコース」に出講し、英文法・英語構文の授業を担当。

プロフィール « 英語講師 仲本浩喜 Official Site

特に駿台でも代ゼミでも同僚であった現東進の 師をことあるごとに猛烈に批判している。 様々な分野で「英語の達人」と呼ばれる人達を間近に見る機会には誰よりも恵まれてきた、その財産を受験生のみなさんに伝えていくことが自分の使命だと思い教壇に立っている。 生徒相手に必死になってもがいていた、あの頃の体験が今の予備校英語講師としてのDNAを作ってくれたのだと思う。

2
師、 師、 師、 師、 師など上智の先輩後輩や に出講していた講師と良好な関係であった。