モンテ・クリスト伯

暖は「留美と安堂は親子だ」と話すのです。 また、瑛里奈の最期のシーンでも大量の血のりを窓枠に向かって噴き出す壮絶さ。

13
「お前、誰かに狙われてるだろ?自分で見つけろ、あとの始末はこちらでしてやる」と言い残し、連中は去っていきました。 遺体は暖が脱獄する前にトンネルの中に隠し弔われた。

ストーリー

与えられるわずかな水と食料で、暖は殺されもせずにただただ孤独と戦う8年の月日が流れる。

8
ファリア真海(演:田中泯) 暖が無実の罪で投獄された監獄で出会った老人。

ストーリー

明日花は暖の後輩だった南条幸男(大倉忠義)とすみれの娘だったのだ。 寺角が下見のため暖の家に行くと、安堂とすれ違いました。 入間は手紙の宛名を見て顔を曇らせました。

19
船乗りを利用してモンテクリスト島にたどり着き、財宝を手に入れたダンテスは、モンテクリスト伯、ブゾーリ神父、ウィルモア卿と3人の人物へと姿を変え、かつて自分を裏切った相手への復讐へと動き出す。 翌日、暖は死亡した真海の代わりに遺体袋に入り、海に捨てられます。

モンテ・クリスト伯

牢屋に閉じ込められた神楽は、複数の男から拷問を受けました。

10
そのことを船の持ち主のモレル氏(守尾)に報告すると、彼からは誰にも言わないようにと釘を刺される。

キャスト・スタッフ

「私は真海さんと結婚します」と答えるすみれ。 暖がバラジから預かった包みには、英語で入間の父で金融ファンド「TIファンドマネジメント」の代表・貞吉 伊武雅刀 の名前ありました。

20
後日、暖は神楽を呼び出し、「南条は香港にいたときに怖い組織と関わりを持っていたらしい」と吹き込みました。

ストーリー

幸男たちを解放して、自分は別荘に火を放ち、炎の中に姿を消した。 安堂に「俺と一仕事しないか?」と持ちかける寺角。 復讐をやめる条件を「すみれとの結婚」にしたのはなぜなのか、「愛は勝つんだ」とのつぶやきにはどんな意味があるのかなど、視聴者の想像に任されている部分も多く、ネット上でもいろいろな考察がなされている。

19
日曜日、出口が入間家にやってきました。