大連市、住宅積立金の納付にデジタル人民元導入 中国初

本稿(No. 同センターと中国建設銀行大連支店が、既存プラットフォームのアップグレードや専用POS端末の設置などを通じて、デジタル人民元を住宅積立金分野に活用する試行事業を共同で進めた。 シンガポールに拠点を置くコンサルティング会社カプロンアジアのマネジングディレクター、ゼノン・カプロン氏は、デジタル人民元によるシェア押し上げについて1ポイントを大きく上回る効果は見込みにくいと明かす。 ほぼ瞬時に決済が低コストで可能な支払いシステムの構築に寄与することが期待されています。

___________________________________ 牛さん熊さんの本日の債券(朝)2013年5月1日 ___________________________________ ・・・・・・・・・・まずは、朝方 熊「今日から5月、まさに新緑の季節となるが」 牛「マーケットは新たな動きを見せるのか、それとも五月病になってしまうのか」 熊「ちなみに五月病とは、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である」 牛「すでに債券市場は4月4日の異次元緩和以降、そのような症状が現れているような」 熊「その影響がどの程度残っているのか、今日は10年国債の入札が予定されている」 牛「昨日の債券相場の下落を見る限り、業者さんもヘッジ等を進めているようにも」 熊「市場は多少なり安定を取り戻しつつあるものの、投資家さんも慎重姿勢か」 牛「利率は0. 最終的にデジタル人民元の利用を当局が国民に納得させる、あるいは強制できたとしても、中国特有の資本規制や共産党主導の法制度、国家の監視などを警戒する内外の消費者や企業にも同じ対応ができるのかは全く分からない。 名前の通り、中央銀行が独占発行権を持つデジタル通貨で、多くの場合ビットコインなどの根幹技術であるブロックチェーンの利用が検討されています。

デジタル人民元が「ビットコインを潰す」は誤解...むしろ仮想通貨を救う可能性も(ニューズウィーク日本版)

穆氏は利用シーンを次のように描写する。 例えば、ビットコインでは、昨日は80万円だった価値が、朝起きたら70万円になっていたといったことが起きる可能性が十分にあります。

7
深セン、蘇州、雄安新区、成都はそれぞれ粤港澳大湾区、長江デルタ、北京・天津・河北、中・西部の代表であり、中国人民銀行(中央銀行)はこの4エリアでデジタル人民元の試行テストを展開しているという。 関係者によると、ネットで伝えられた北京、天津、上海など28ヶ所での試行は、実はサービス貿易革新発展の全面的な深化の試行だ。

デジタル人民元

当レポートシリーズでは、最新の動向を踏まえつつ、デジタル人民元の基本的な仕組みや導入における狙い、さらに今後注目すべき論点について整理する。 主要国では、とりわけ中国人民銀行が「デジタル人民元」導入に向けた準備を急速に進めていることが注目される。

20
現在で明らかになっているデジタル人民元構想からは、大きく3つの特徴を見て取ることができる。

デジタル人民元

また、生活困窮者など特定のグループに対象を絞った支援金の給付も可能です。 なぜなら、それがアメリカにとって大きく国益を損ね、国防上の戦略も大きく転換する必要に迫られるからだ。 (1月配信)• CBDCは、理論的には電子ウォレットという形で誰にでも直接支援金を支払いすることができます。

3
アメリカに敵対する国々はこぞって人民元を使うことになり、対アメリカの経済連合が自然とそこに生まれることになる。 それが人民元の国際化なのである。

デジタル人民元の実現が世界にもたらす影響|AI TRUST

中国メディアによると、スマホ同士を軽く接触させるだけでお金の受け渡しが終わり、通信状況に関係なく取引できることが確認された。 デジタル人民元による、中国の目論見とは? このデジタル通貨の発行を目指す中国の目論見はどこにあるのか? その最大の狙いは「人民元の国際化」に他ならない。

どんなアプリなのか。 ひとつは、最新技術を用いて「通貨の流れや決済情報を、国家が把握しコントロールする」こと。

「デジタル人民元」を導入する中国の真の狙いは、国民をより支配することだ

各国の事情によってCBDCに期待することは様々でしょうが、大きく分けて少なくとも3つあると考えられます。 易氏は、「現在、デジタル経済はグローバル経済の成長においてますます重要な駆動力となっている。

1
このため、人民銀行もたびたび表明しているように、デジタル人民元にはまだ公開されたタイムテーブルはない。