Googleから届いた「重大なセキュリティ通知」のメールは本物?【警告】

また、何らかの支払いを受け取るために銀行口座の詳細を確認するよう求めるサイトに飛ぶこともある。 ・あなたのメールアドレス、およびIDのアイコン画像が、 自分のものであること は確認します。 上記メールが届いた場合、次に説明する手順でアクティビティの確認やパスワード変更などの対応をする必要がありますが、 悪用した詐欺メールが流通する恐れもあるので、メール内のリンクは開かずに「Googleアカウント セキュリティ」などで検索してアクセスようにしてください。

13
注意が必要です。

Googleから送信された「リンクされている Google アカウントのセキュリ

ちなみに、今回私が不正ログインされたアカウントも、以前あるサービスから流出したのと同じID・パスワードを使いまわしていたものでした。 ・まさかの国からログイン んで、さらに進むとどこからログインしようとしたか分かった。 「重大なセキュリティ通知」というタイトルに慌てて開封したところ、「ログインをブロックしました」というメッセージとともに自分のメールアドレスが表示されているというシンプルな内容です。

3
電子メールも同じで、ハッカーが作成した不正なリンクを含むメールがグーグルから送られてくるのだ。

Googleアカウントの「重大なセキュリティ通知」の対処方法:アクティビティの確認方法

悪用されたファイルの共有設定 Gmailのフィルター機能は非常に優れており、普通の迷惑メールならうまくブロックしてくれる。 恐る恐る中身を確認してみると、 「誰かがGoogle以外のアプリからあなたのアカウントにログインしようとした」とサラリと書いてある。 洗練された手口ではないが、電子メールの受信箱やスマートフォンに不正なリンクを届けるには効果的なやり方だ。

13
該当サービスのアカウントのパスワードを変えるなどの対処が必要です) 今後、アカウントを守るためにも、「推測されにくい複雑なパスワードの設定」「セキュリティ診断」「二段階認証プロセス」の設定をしてセキュリティ強化をしておくことをおすすめします。

「Google ドライブ」を悪用したフィッシング詐欺が急増中、メールの監視をすり抜ける新たな手口の中身

慌てずに対処してきましょう。 当時は 128bpsとか 256bpsなんていう、今では考えられないようなクソ遅い電話回線でシコシコと ネットーサーフィン(この言葉、もはや死語か?w)をやってたんだけど、あの頃と比べると今は天国のようなネット環境。

6
差出人はGoogle・・・。 なんと出てきたのはまさかの…… アメリカ合衆国ニューヨーク州である。

Googleアカウントの「重大なセキュリティ通知」の対処方法:アクティビティの確認方法

通知の送信元は、やはりグーグルのシステムだった。

5
おまけの改善要望 細かいことですが、1通目のメール下部にある以下の箇所のURL、リンクが設定されていないので自分でコピーしてブラウザに入力する必要がありました。

gmailのブロック解除設定を教えてください。

偽メールの場合は、拒否するなど対策しておきましょう。

15
これをもし Account 担当の人が見てくれたら、どう思うか教えて欲しい。 該当サービスのアカウントのパスワードを変えるなどの対処が必要です) 今後、アカウントを守るためにも、「推測されにくい複雑なパスワードの設定」「セキュリティ診断」「二段階認証プロセス」の設定をしてセキュリティ強化をしておくことをおすすめします。