原作小説「家族ゲーム」のあらすじと結末ネタバレ

しかも、茂之は高校に入った後、吉本がくる前同様のやる気のない生活に戻ってしまう。 子どもたちには、いい成績でいい大学へ進学し、いい会社へ就職してもらいたいと思っている。

14
こうして、弟・沼田茂之の志望校はB高校へと変更されたが、家庭教師・吉本は帰り道で、「失敗だった、おれのやり方は、…おれは、やっぱり、受け入れられなかったんだなあ」と項垂れていた。 いじめる時は番長など複数の仲間と一緒だが、本人によると「あいつらは勝手に加勢してるだけ」と言っている。

映画「家族ゲーム」の結末についてラストのネタバレ注意

自分の価値観を一方的に押し付ける父親、従属的 な?母。

9
孝助は最近ヤル気を失くしている慎一の大学受験のための家庭教師になって欲しいと依頼する。

家族ゲーム

吉本の強引なやり方にはさすがに千賀子も心配になりますが、茂之の成績が上がればいい孝助は問題にしていませんでした。 慎一の担任・英語教師 演 - その他 [ ] 近所の奥さん 演 - 沼田家と同じマンションの住人。 若くて才気煥発な時の森田芳光監督の代表作ですね。

3
吉本は留年つづきで、いつも植物図鑑を小脇に抱えている青年です。 ・弟(茂之)…中学3年生。

映画「家族ゲーム」の結末についてラストのネタバレ注意

平均視聴率も『ガリレオ』『ラスト・シンデレラ』『35歳の高校生』に次いで4位をキープ。 菊地 保子 きくち やすこ 演 - 茂之のクラスの生徒。

4
比較的、良作が多い今期の連ドラの中で、じわじわと注目が高まっているのが、櫻井翔が主演するフジ系水曜10時の 『家族ゲーム』だ。 母親は再び家庭教師・吉本に助けを求めて電話したが、家庭教師・吉本は「何とかしてあげたいけど、一時的に強制しても、同じこと。

原作小説「家族ゲーム」のあらすじと結末ネタバレ

自分の希望が何も聞き入れられない母親は、最後の望みを兄・沼田慎一に託して、むせび泣いた。 スタッフ(映画) [ ]• そこへ、三流大学の七年生という吉本が家庭教師としてやってくる。

20
困惑する両親から志望校変更を頼まれた吉本は、志望届提出の締め切りの日に茂之を無理やり担任の元に連れていき、強引に志望校を西武高校へ変更させます。 あらすじと視聴率は? あらすじについては、 使っている言葉が少しむずかしいですが、 にいいのが載っていました。

映画『家族ゲーム』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

やがて沼田家や吉本は大乱闘を始め、食卓を滅茶苦茶に荒らしまくったあげく、吉本はテーブルをひっくり返して立ち去っていきました。 慎一の関係者 [ ] 芝田 友幸 しばた ともゆき 演 - 慎一のクラスメイト。

15
実は茂之とは小学校からの付きあい。