【解説】THPとは? 社員の健康問題、企業の義務、THP指導者の役割

6兆円、THPがスタートした1986年の医療費 16兆円 と比較すると2. 『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。 健康測定の項目は、問診・生活状況調査・診察および医学的検査が中心であり、測定結果を産業医が評価、各種の健康指導を行うための指導票を作成します。

13
発展のきっかけはというと、昭和63年に労働安全衛生法の改正です。 健康づくりに必要なスタッフたちを集めましょう。

トータル・ヘルスプロモーション・プランとは(THP)

ストレスチェック制度においては、事業者は労働者の同意がなければ検査結果を得ることはできません。

20
メンタルヘルスケア 健康測定の結果、産業医が必要と判断した場合は、心理相談担当者 心理相談員 によるメンタルヘルスケアが提供されます。

THP(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)とは?「健康経営」とは違うの?

そして、その結果に基づいて、運動指導や保健指導、メンタルヘルスケア、栄養指導の4つの健康指導をTHP指導者が行うこととなっています。 1、メンタルヘルスケアの実施 2、ストレスに対する気づきの援助 3、リラクゼーションの指導 4、良好な職場環境の雰囲気づくり(相談しやすい環境など) 主な流れとしては、事業場において労働者の健康管理を行う産業医の指導のもと、上記について支援することを念頭に、カウンセリングや心理療法などを行っていきます。

中災防では、事業場で働く人の健康づくりを支援するために運動指導や保健指導等を行う専門スタッフの養成、事業場のTHP活動を支援する労働者健康保持増進サービス機関・指導機関の認定および登録を行っている。

看護師の過去問「第42203問」を出題

C 事業場内産業保健スタッフ等によるケア 産業医、衛生管理者等の事業場内の健康管理担当者が、事業場の心の健康づくり対策の提言を行うとともに、その推進を担い、また労働者及び管理監督者を支援します。 セミナー検索 /最新のセミナー、イベント情報をチェックして申込• 調査レポート /人・組織に関する課題や施策についての調査レポートを公開• THP指針における「メンタルヘルスケア」の対象は、積極的な健康づくりを目指す人であり、下記の実施を行います。

17
要約すると、 『その職場だからこそ起きてしまうストレスや、健康を害する要因などがあるでしょう!そんなの個人だけで対処なんて無理だよね!』 です! 少し豆知識 このTHPは元々存在していたSHP(シルバー・ヘルス・プラン)を発展させたものです。 このような状況から、労働省 現厚生労働省 では平成12年8月に、事業場において事業者が行うことが望ましい労働者の心の健康の保持増進のための基本的な措置 メンタルヘルスケア が適切かつ有効に実施されるため、メンタルヘルスケアの原則的な実施方法について「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」を定めました。

職場のあんぜんサイト:心とからだの健康づくり[安全衛生キーワード]

また、労働者から自主的な相談に対応します。 40~74歳の医療保険者が加入者に対して実施します。

17
THPに取り組む方法 THPへの取り組み方は、アウトソーシングによる方法と内製化による方法の2通りに分かれます。 ちなみにここでの重要ポイントは以下の3つですね!• THPの具体的な進め方 に示されてあり、健康測定を行いその結果に基づいた運動指導・保健指導・栄養指導・メンタルヘルスケアを行うことが基本ですが、その際、事業場や個人の実状に応じたすすめ方が望まれます。

健康日本21>国、自治体、団体の活動事例

ただ今から説明させて頂く内容としてはあくまで 『このようにしなさい!』 というものではありません。

19
また、THPの基本的な考え方や事業場における具体的な実施方法について、労働安全衛生法 に基づき「」 (THP指針)が厚生労働大臣により公表されています。 企業にTHP指導者を置くことで、継続的効果的なTHPを進めることができます。