アラビカ種とロブスタ種の違い

デリケートなアラビカ種と違い、病気や害虫に強く、低地での栽培も可能で収穫量も多いため栽培しやすいのがロブスタ種です。

13
ケント• 低標高での栽培は価値が下がる• ムンドノーヴォ種 ムンドノーヴォ種は、ブルボン種とティピカ種との交配により1940年代に誕生した品種です。

【アラビカ種vsロブスタ種】カフェインや価格などの違いをバリスタが解説

カティモール種 カチモールと表されることもあります。 コーヒーがもっともおいしいといわれる焙煎後100時間を目安にご自宅まで届けてくれる、新しいコーヒーの通販サービスです。 ロブスタ種のコーヒー豆とは? 「ロブスタ種のことはなんとなく聞いたことあるけどいまいちよく知らない…」という方もいるかも知れませんね。

17
お米に「コシヒカリ」や「あきたこまち」といった品種があるように、コーヒーにもさまざまな品種が存在し、それぞれ違った個性を持っています。

ロブスタ種が評価されない理由は絶対的に○○が足りないから!

ドリンクのコーヒーとして利用されているのは野生種ではなく栽培種ですが、エチオピアなど一部の地域では野生種を利用しているものもある。 背はブルボン種よりも低く、より多くの枝を付けており、このことが生産性の高さの一因となっています。

1
また、着実数が多く、結実が速やかで、植樹後3年目で生産的な収穫ができます。

アラビカ種とロブスタ種の違い

リベリカ種の特徴 西アフリカのリベリア共和国が原産地なので、リベリカと呼ばれています。 現存するコーヒーの品種は、その祖先をたどっていくと アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種のいずれかであり、 この3つの品種はコーヒーの「三大原種」と呼ばれています。

17
深めに焙煎したロブスタ種のコーヒー豆をやや粗めに挽き、 金属製のフィルターで抽出したコーヒーにたっぷりの練乳 コンデンスミルク を入れるのが一般的な飲み方とされるベトナムコーヒー。 参考: アラビカ種の特徴とメリット・デメリット アラビカ種が世界中で沢山栽培されているのは昔から続いてきたという理由もありますが、現在でも多く栽培されているのは『美味しいから』 アラビカ種のメリット• モカ イエメンのモカ港の事で、ここから出荷されたコーヒーをモカと呼びます。

ロブスタ種とアラビカ種の違いとは?ロブスタ種はまずいって本当?

ただし、アラビカ種は気候や土壌の影響を受けやすく、栽培できる地域が限られます。

リベリカコーヒーノキと言われる木から採取した種子がコーヒー豆ですが、世界ではほとんど流通していません。 もちろんロブスタ種のコーヒーを提供しているお店もありますが、その数は非常に少ないのが現状です。

アラビカ種とロブスタ種~コーヒー豆の2大品種について~

コーヒーは苗から木になって収穫できるようになるまでに何年間もの時間が必要です。 ティピカの特徴• こんなに違う、アラビカとロブスタ徹底比較 ではここからは アラビカ種と ロブスタ種の二つをあらゆる観点から比較してみましょう! 栽培環境 まずは木を栽培する上で重要になる栽培環境、二つの間に少し差があるので見ていきましょう。 きっと新たな世界が開けますよ。

今まで当たり前のようにアラビカ種のコーヒーやコーヒー豆だけが選択肢になっていましたが、これからは ロブスタ種も選択肢のひとつになりそうです。