TIGアーク溶接の特長

TIG ティグ 溶接では通常、電極が陰極、母材が陽極の正極性で、直流を流して溶接を行います。

19
こうすることで、溶接時に継ぎ目や開先を見やすくなります。 (シールドガスにはアルゴンの他にヘリュウムガスも使われることがある。

TIGアーク溶接の特長

TIG溶接の活用事例 TIG溶接は溶接する金属を選ばないのが特徴でもあり、 DIYでステンレスやアルミを接合することが可能です。 下図のようにTIG ティグ 溶接と非常に似通った方法ですが、その違いは、電極をノズルとプラズマガスで包み込むことで、アークが広がらないように絞っていることです。 TIG溶接上達のコツは5つ TIG溶接を始めたばかりの頃は、なかなか思った通りの溶接が出来ずに、焦ることが多いと思います。

19
溶接姿勢について 引用元: 溶接姿勢は、溶接する際の作業者と溶接部の位置関係を指す言葉です。 ティグ溶接に使用する溶接機は直流溶接機と交流溶接機があります。

TIG溶接(アルゴン溶接)のアルミ・ステンレス等溶接案内|㈱大畠製作所|茨城県つくば市

溶け込み比が高い。 その電圧と電流の関係は不活性ガスがアルゴンの場合、下のグラフのようになり、アークが長いほど必要な電圧は大きくなります。 そのため、原発や繊維工場など火花による火災事故などの環境下で溶接をすることが出来ます。

15
そこでTIG溶接を仕事で行う場合に取得が望ましいとされる資格をご紹介します。 【メリット】• パルスの有無が選択でき、パルスを使う溶接を「パルスティグ溶接法」といいます。

TIG溶接に必項な自動遮光面もございます。

溶接部の強度を高くできるうえ、ピットなどの溶接欠陥が起きにくいだけでなく、溶接部の見た目も美しくなるのです。 このとき、溶接棒がアークの下に入らないように注意しましょう プールを保つため利き腕にトーチを持ち、逆の腕で溶接棒を持つ形が望ましいです。

11
TIG溶接のメリット 溶接のなかでは比較的手を出しやすく、個人で使う機械を購入する際も資格は必要ないため、DIYなどの趣味にも溶接を容易に取り入れられます。 溶接棒のコツ 1. そのため、ヘリウムを不活性ガスに用いる場合は、溶接機の最大電圧が十分に高いものを選ぶ必要があります。

ティグ溶接(TIG溶接)とは

アルミMIG溶接ではアルミ溶接母材の酸化皮膜の除去しないといけません。

18
ティグ溶接の 直流正極性では、母材が陽極で 電極が陰極で、電極から母材にむけて電子が放出されるので、電子がぶつかる母材側は電極より多く電子がぶつかることで加熱されます。

TIG溶接(アルゴン溶接)のアルミ・ステンレス等溶接案内|㈱大畠製作所|茨城県つくば市

タングステン電極• 溶接面を装着し、母体から45度程度の角度でトーチのスイッチを入れ、溶融池(プール)ができたらトーチの反対側から溶接棒を差し込んでいきます。 TIG ティグ 溶接で使用されるシールドガスは、酸素を含まないアルゴン・ヘリウム・アルゴンとヘリウムの混合ガス・アルゴンと水素の混合ガスの4種類に限られています。 溶接棒の先端が真っ黒になっていたら、酸化している印です。

11
なので作業がしやすく複雑な形状の溶接に向いています。 パルス電流が流れている間に母材を溶かし、ベース電流が流れているときには冷却させます。

TIG溶接に必項な自動遮光面もございます。

なお、この動画の販売は行っておりません。 作業効率を上げるためには、対策として電流を上げる方法しかありません。 ただし、プラズマ溶接は、TIG ティグ 溶接よりも高コストであるというデメリットがあります。

3
溶接棒• TIG ティグ 溶接の原理 次に、TIG ティグ 溶接の原理を説明していきます。 溶接棒の酸化に注意する ここからは、実際に溶接棒を使って溶接が出来るようになってからの話です。