アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの?PE・PP・PVCの違いは何?|きよの小話し

耐アルコール用PETボトルというのがあります。 私は、子供たちが触るゲーム機器は、ノンアルコールのウェットティッシュを固く絞って汚れを拭き取り、さらにティッシュで乾拭きをしていますよー! ちなみにアルコールの中でも、手の消毒用の 「イソプロピルアルコール(IPA)」は、プラスチック全般に使用しないほうが良いです。 実際、薬局やドラッグストアで売っている「アルコール消毒液のアルコール濃度は約80Vol%」と高濃度のアルコールになり容器には PEおよびPPと記載されていますから容器選びに悩んでしまう方は同じ素材のものなら安心できるでしょう。

10
アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの? アルコール消毒液の容器に最適な材質や素材は何を選べばいいのでしょうね? まずはアルコール消毒液の容器に最適な材質は PE・PP・PVCの どれなのか調べてみました! 市販のアルコール消毒液の容器の材質や素材はどんな種類? まず確認しておきたいのが市販のアルコール消毒液に使われている容器の素材です。 消毒液はなるべく涼しい場所に設置する。

プラスチック製品はアルコールで溶ける?種類によって注意が必要だよ!

「すてきなお酒との出会いが次々に。 DOVER社は、下記のような問答を掲示しています。 PP(ポリプロピレン)• 高純度アルコールを入れても、問題がない安価なボトルとしては、 ポリエチレンのボトルがあります。

5
とくに PEは レジ袋として使われているので身近に感じる人もいるのではないでしょうか? 以前は値段が安いということで、レジ袋には PVCが使われていましたが、ゴミを焼却するときに 有毒物質が出るということで使われなくなりました。

消毒用・飲用不可 高濃度アルコール 「吉野ALCOHOL70%」 を数量限定で販売開始

次項では、上記の内容を踏まえて 「アルコールでプラスチック部分を 脱脂できるのか?」という内容をご紹介していきたいと思います。

19
そのまま継ぎ足したりすると中の不純物がアルコールとまざり品質が悪化する可能性があるからです。 )の芽胞による汚染が生じることがあるとされています。

アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの?PE・PP・PVCの違いは何?|きよの小話し

ちなみにお酒などが「PET(ポリエチレンテレフター)」に入れられ販売されていますが、それは 低濃度のアルコール(お酒)に対応している容器だからです。

そして、逆に言えば、「近くに火種がなければ」また「引火点以下を維持している限りは」、ひとまず火がつくことはないということがわかりました。

【高濃度アルコール・消毒用エタノール関連】注意喚起情報まとめ

今回、弊社で製造している 高濃度アルコール や 消毒用エタノール は、厚生労働省の特例措置や国税庁の法規制のもとで「消毒用エタノールの代替品として差し支えないもの」として、販売している消毒用製品、ということになりますね。 。

15
通販だと種類もいろいろありますね、是非参考になさって見てください。

アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの?PE・PP・PVCの違いは何?|きよの小話し

PET容器でお使いになる場合は、高濃度アルコール OKの耐性のあるものをご使用ください。 以上、 高濃度アルコールや消毒用エタノールに関する注意喚起情報まとめでした。 PC機器や液晶などは、 専用のウェットティッシュなどの掃除用品があるので、そちらを使ったほうが安心です。

そして、高濃度のアルコールを入れてもいい材質や素材のものかどうかをきちんと判断してアルコール消毒液を詰め替えるといいようですね^^. PET樹脂って耐薬品性あるにはあるのですが酸・アルカリで加水分解し、 20%以上のアルコール濃度だとエステル交換反応が起こるんですね。

PETプラスチック容器は高濃度アルコールで使えない?使える容器の種類は?

なぜ高濃度アルコールで使用できないかといいますと答えは簡単です。 PET容器だとアルコール度数の高さによって容器が溶解し、容器破損の原因になりますので、PET容器でお使いになる場合は、高濃度アルコールOKのものをご利用ください。

19
。 。

【よくある質問】高濃度アルコール商品の使い方

。 味にも使用感にもこだわって作られた商品です。

13
アルコール入りウェットティッシュでプラスチック製品を拭いてもいいの? 手を清潔に保ちたい、部屋の掃除に使いたい…など用途は様々ですが、 アルコール入りのウェットティッシュを使っている人も多いですよね。

PETプラスチック容器は高濃度アルコールで使えない?使える容器の種類は?

「除菌」製品 は、菌の数を減らせればOKで病原性がなくなるかどうかは、問われません。 恐れ入りますが、製造元へのお問合せは差し控えていただきますようお願い致します。 あくまで自己責任です。

12
「どうしても使いたい」という場合は、 目立たないところで試し拭きをしてから、使うようにすることをおすすめします。