強力レスタミンコーチゾンコーワ軟膏|医療関係者向け情報|興和株式会社

6.フラジオマイシン、カナマイシン、ストレプトマイシン、ゲンタマイシン等のアミノ糖系抗生物質又はバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある患者。

11
(適用上の注意) 眼科用として使用しない。 各薬剤のランク、配合成分の比較のためにお役立てください。

ヒルドイドソフトと強力レスタミンコーチゾンコーワ軟膏の混合

4.下垂体・副腎皮質系機能:大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、下垂体・副腎皮質系機能抑制を来すことがあるので注意する。 痒疹群の結痂• 同じ薬効の薬を探す 同じ成分の薬を探す 同じ製薬会社の薬を探す. 一覧表としてはそれらの薬剤を記載しなくても体裁が整うのかもしれませんが、実際に現場で活用するとなると、それらの薬剤まできちんと記載されているものでないと困るというのが実感です。 ハンドブック製作者は93%程度なら許容範囲と考えたと思われる。

7
(重要な基本的注意) 1.感作される恐れがあるので、観察を十分に行い感作されたことを示す兆候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)が現れた場合には使用を中止する。 一覧表は、日本皮膚科学会の「」を元に作成しています。

強力レスタミンコーチゾンコーワ軟膏の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

放射線皮膚炎の糜爛• 眼科用として使用しないでください。

16
薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。

ステロイド外用薬のランクを一覧表にまとめてみた

比較しやすいよう、口腔用剤は青、痔疾用剤は赤、眼科用剤は緑で色分けしています。 7.潰瘍<ベーチェット病を除く>、第2度深在性以上の熱傷・第2度深在性以上の凍傷[皮膚の再生が抑制され、治癒が遅延する恐れがある]。

6
2).大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により後嚢白内障、緑内障等の症状が現れることがある。 皮膚そう痒症の二次感染• 4.鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎[穿孔部位の治癒の遅延及び感染の恐れがある]。

強力レスタミンコーチゾンコーワ軟膏の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

日光皮膚炎の糜爛• 日光皮膚炎の結痂• 配合剤については、配合成分を併記してあります。

18
効能・効果• 皮膚そう痒症の糜爛• 掌蹠膿疱症の結痂• 2.皮膚結核、単純疱疹、水痘、帯状疱疹、種痘疹[これらの疾患が悪化する恐れがある]。

強力レスタミンコーチゾンコーワ軟膏|医療関係者向け情報|興和株式会社

(妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用を避ける[妊婦等に対する安全性は確立していない]。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

20
ビダール苔癬の糜爛• 日光皮膚炎の湿潤• 使い忘れた場合は、気がついた時に塗ってください。 放射線皮膚炎の二次感染• 一般名 代表的な商品名 その他の配合成分 ストロンゲスト クロベタゾールプロピオン酸エステル 0. 2.広範囲熱傷のある皮膚には、長期間連用しない。

強力レスタミンコーチゾンコーワ軟膏の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。 (小児等への使用) 長期・大量使用又は密封法(ODT)により発育障害を来すという報告がある。 掌蹠膿疱症の糜爛• 3.真菌症(白癬、カンジダ症等)[感染を悪化させる恐れがある]。

19
治療を受ける疾患や症状により適宜増減されます。

ステロイド外用薬のランクを一覧表にまとめてみた

濃度は低いですが、ネリプロクト軟膏に配合されたステロイドはベリーストロングクラスだったのですね。 「ゲンタマイシンではなくフラジオマイシンが配合されたステロイド外用薬はどれだっけ?」「サンテゾーン眼軟膏とプレドニン眼軟膏はどっちが効果が強いんだっけ?」といった疑問に即答できてこその一覧表だと思うのですが、そういう情報が網羅された一覧表は今までありませんでした。

12
そこで現場で一覧表を活用するため、眼科用剤や配合剤まで網羅した一覧表を作成しました。

強力レスタミンコーチゾンコーワ軟膏|医療関係者向け情報|興和株式会社

なお、坐剤、貼付剤は一覧表に含めていません。 湿疹・皮膚炎群の糜爛• ビダール苔癬の結痂• 通常、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、湿潤・びらん・結痂を伴うか二次感染を併発している湿疹・皮膚炎群・皮膚そう痒症・痒疹群・掌蹠膿疱症の治療に用いられます。 現場での使用に耐えうる一覧表ができたと思っています。

2
使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.フラジオマイシン耐性菌による皮膚感染又はフラジオマイシン非感性菌による皮膚感染のある場合[感染を悪化させる恐れがある]。