【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの関係や過去を解説!胡蝶カナエとの血縁は?

ちなみにカナエは「しのぶは童磨に勝てない」と分かっていたため、最期に「 鬼殺隊を辞めなさい」と告げています。 しのぶはカナエを殺した鬼・童磨の特徴を聞き出し、その後はカナエの仇を取るために更に鍛錬を重ね、最終的には蟲柱に昇格しました。 スポンサーリンク 「【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの関係や過去を解説!胡蝶カナエとの血縁は?」まとめ 今回は鬼滅の刃の 栗花落カナヲと 胡蝶しのぶ、 胡蝶カナエの関係や過去、血縁などについて解説しました。

13
カナエ・しのぶ・カナヲの関係:胡蝶カナエは花の呼吸を極めて「花柱」に しのぶが駆けつけた時には戦闘は終わっており、致命傷を負ったカナエが倒れていました。

【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの関係や過去を解説!胡蝶カナエとの血縁は?

行冥は2人に考え直すように諭しますが、頑として譲らない2人に、結局行冥は「育手」を紹介しています。

15
胡蝶カナエと胡蝶しのぶの過去については17巻の第143話で少し語られています。 しかしカナヲはカナエが存命の時、カナエの 花の呼吸を見様見真似で覚えるなど、 圧倒的な剣技の才能がありました。

【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの関係や過去を解説!胡蝶カナエとの血縁は?

) それ故にしのぶはパワーがいらない戦い方である「藤の花の毒」を研究し、戦いに活かす戦法をとるようになりました。 この記事では鬼滅の刃の 栗花落カナヲ(つゆりかなを)と 胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)、 胡蝶カナエ(こちょうかなえ)の関係や過去、血縁などについて解説します。 しのぶは身長151cm、体重37kgと、 鬼殺隊士の中でも随一と言っていいほど身体が小さく、このサイズは鬼との戦いには大きなハンデとなります。

15
一方でカナエとしのぶの元で育っていたカナヲは蝶屋敷でアオイたちの手伝いなどをするも、家事や看護などが全くできませんでした。 まずは胡蝶姉妹とカナヲの過去から、その関係性について解説していきます。

【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの関係や過去を解説!胡蝶カナエとの血縁は?

鬼を倒そう 一体でも多く二人で 私たちと同じ思いを他の人にはさせない ちなみにこの事件の後のストーリーは小説版の鬼滅の刃「片羽の蝶」で語られています。

18

【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの関係や過去を解説!胡蝶カナエとの血縁は?

カナエ・しのぶ・カナヲの関係:栗花落カナヲは鬼殺隊に入り、しのぶの継子に 胡蝶カナエの死後、しのぶはそれまで以上に鍛錬を重ね、 鬼の頸が斬れないにも関わらず柱に昇格するという異例の快挙を成し遂げました。

(小説版の鬼滅の刃「片羽の蝶」で悲鳴嶼行冥もしのぶの体格については懸念していました。 作中では屈指の美人キャラである3人ですが、鬼滅の刃という物語の性質上、血みどろの道を歩んでいるのが切ないですね・・ ただ物語の中では本当の姉妹のように仲が良い、微笑ましいシーンも数多く見られ、血縁関係がないことを感じさせません。

【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの関係や過去を解説!胡蝶カナエとの血縁は?

12

【鬼滅の刃】カナヲとしのぶの関係や過去を解説!胡蝶カナエとの血縁は?

4