アムロジンOD錠5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

3.アムロジンの作用機序 アムロジン錠はどのような機序によって血圧を下げているのでしょうか。 5〜5mgを1日1回経口投与する。 なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる• 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

2
(適用上の注意) 1.分割後:分割後は早めに使用する(分割後やむを得ず保存する場合には、湿気、光を避けて保存する)。

アムロジピンOD錠5mg「トーワ」

4). 消化器:(0. これだけで発症を完全に防ぐことはできませんが、確率を低くするという意味から重要です。

4
アムロジピンは血管を広げることで血圧を下げる効果を持った飲み薬です。 アムロジン(一般名:アムロジピン)は、1993年から発売されている降圧剤です。

日本薬品工業株式会社

6.1参照〕。

11
カルシウム拮抗薬は他にもたくさん種類がありますが、アムロジピンはその中でも特によく使われている薬です 2。

血圧を下げる薬「アムロジピン」の副作用は意外なところに現れる?

過度に血圧の低い• 5mg「武田テバ」、アムロジピンOD錠5mg「武田テバ」は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。 ・日本の処方箋: 1日1回朝食後• また詳しくは後述しますが、カルシウム拮抗薬は血管の周りを覆っている筋肉(平滑筋)を緩める事で血管を拡張させ、血圧を下げます。

7
(60歳代病院勤務医、小児科)• 上記疾患の患者さんにアムロジンを投与した調査で、その効果が「有効」と判定された率は、• 特に肝機能や腎機能が良くないか不明で時間的な猶予が無い場合は安全性重視で「まずはこのクスリで降圧を」と考えます。

血圧を下げる薬「アムロジピン」の副作用は意外なところに現れる?

腎機能障害患者• 2. 本剤は血中濃度半減期が長く投与中止後も緩徐な降圧効果が認められるので、本剤投与中止後に他の降圧剤を使用するときは、用量並びに投与間隔に留意するなど慎重に投与すること。 降圧剤にも様々な種類があります。

3
また脳神経にも存在し神経細胞の発火に関係している 【N型カルシウムチャネル】 主にノルアドレナリンなど興奮性の神経伝達物質を放出する アムロジンはL型カルシウムチャネルに選択性が高いため、しっかりと血圧を下げてくれます。 (腎機能障害患者) 9. 重大な副作用• 6). タクロリムス[併用によりタクロリムスの血中濃度が上昇し腎障害等のタクロリムスの副作用が発現するおそれがあるので、併用時にはタクロリムスの血中濃度をモニターし、必要に応じてタクロリムスの用量を調整すること(本剤とタクロリムスは、主としてCYP3A4により代謝されるため、併用によりタクロリムスの代謝が阻害される可能性が考えられる)]。

アムロジピンOD錠5mg「ファイザー」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

PMID: 15562922 4 Sica D, J Clin Hypertens Greenwich. 研究者たちは、 「 夜の間に何かが起こっている。

3
アムロジンはカルシウムチャネルに蓋をしてしまい、カルシウムイオンが平滑筋細胞の中に入れないようにしてしまいます。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

アムロジンOD錠5mg

過敏症• 4).横紋筋融解症:横紋筋融解症が現れることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇等が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 抗不整脈ならジルチアぜム、ベラパミル。

11
いずれの製品についても、保存していた製品の再試験の結果、問題点は確認されていないとして、「重篤な健康被害が発生するおそれは無いと考えている」としているが、「更に安全性に万全を期すため自主回収する」と判断した。 重篤な健康被害が発生する恐れはないものの自主回収の判断をしたとした。

アムロジピンOD錠5mg「サワイ」(アムロジンOD錠5mg/ノルバスクOD錠5mgのジェネリック医薬品)|沢井製薬

以下にあてはまる方は、• 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。 2.3. 本剤は舌の上にのせて唾液を浸潤させると崩壊するため、水なしで服用可能である(また、水で服用することもできる)。

19
またT型やN型にあまり作用しないため、その他の余計な作用が出にくいのも良い点です。

アムロジピンOD錠5mg「サワイ」

またどのような特徴がある降圧剤なのでしょうか。

12
以下の病気・症状がみられる方は、• なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる。 ・副作用も見当がついており、安心して使えるから。