新型コロナウイルス「変異株」の感染拡大により、4月20日には|徳島県ホームページ

スクリーニング検査は、3月23日~4月11日に感染が確認された人の検体を対象に12日に実施した。 親のうち50代女性は美波町職員。

直近1週間 19~25日検査分 の新規感染者数は249人で21日ぶりに減少した。

新型コロナウイルス「変異株」の感染拡大により、4月20日には|徳島県ホームページ

受検いただいた宿泊施設には「協力ステッカー」を配布し、広く周知することにより、「安全安心な旅行環境の整備」を促進します。

7
同校関連のクラスターの規模は計46人になった。 最終勤務日は22日。

新型コロナ 大規模接種始まる 徳島・高齢者対象 開場前に行列/スムーズに対応 /徳島

15人は無症状か軽症、13人は調査中としている。

予診室と接種室各12ブースで対応した。

新型コロナウイルス「変異株」の感染拡大により、4月20日には|徳島県ホームページ

医療機関に入院していた70代と80代以上の各1人が死亡し、県内の死者は累計37人になった。

16
後方のブースで接種を終えた後、経過観察場所で待機する人たち=徳島市山城町のアスティとくしまで、2021年6月5日午前9時53分、三野雅弘撮影 県が「アスティとくしま」(徳島市山城町)に開設した新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場で5日、徳島市民の高齢者への接種が始まった。 徳島市川内町の高齢者施設関連では入所者1人が感染し、計10人となった。

「県内のコロナ、変異株が主流に」疑い例9割超、知事が危機感|徳島の話題,健康・医療,社会,政治・行政|徳島ニュース|徳島新聞

3月22日のスクリーニング検査では、24人分の検体中、変異株の疑いは3例と1割超だった。 29人のうち1人は酸素吸入が必要な状態になっており中等症。 JR徳島駅前から会場までの無料シャトルバスも運行された。

開始時間の午前9時前から多くの高齢者が入り口前に集まり、約80人が開場を待つ行列で一時「密」状態になったが、その後、予約時間ごとに並んでもらうなどして、比較的スムーズに進んでいた。 しかし、関係者の皆様のご協力で、県内の感染状況は落ち着きをみせており、「アラートの指標」についても全5指標7項目が国の「ステージ1」を下回ったことを踏まえ、6月2日にはとくしまアラートが国の「ステージ1」相当の「感染観察・強化」へ引き下げられました。

コロナ新規感染29人 阿南・学校クラスター46人に【26日詳細】|社会|徳島ニュース|徳島新聞

変異株の疑いが分かった21例の検体は国立感染症研究所 東京 に送り、ゲノム 遺伝情報 解析で確定させる。 7月15日まで週5日ペースで実施される。

4
このうち、13人はクラスター 感染者集団 が発生した富岡東中・高校 阿南市 の生徒ら。 。