【はみるとんのデッキビルドTips】第19回 種族デッキの作り方~岩石族編~

《超重武者装留イワトオシ》効果で 《超重武者装留チュウサイ》サーチ• もし、他のギミックでこのカードの運用ができる. どちらも手札から特殊召喚する効果を持っており、リサーチャーはレベル2のチューナーなのでマグマのシンクロ素材になれます。 しかし、このカードの採用によりリンクスパイダーをEXデッキに入れることができるため、最終盤面へ事故ハンドの時の到達が少し簡単になりました。

1
ゴーレムを蘇生して使い回す為に採用しています。 また、召喚の際に表示形式の要求もないため、守備表示での壁としての最低限の運用もできるのでなかなかスペックが高いです。

スクラップ・ゴーレム【訳アリ】

自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。

17
出典: ・ サーチ先• つまり、こういうことです。

cs入賞! 純スクラップワンキル!|archer|note

出典: 既に紹介した 《魔救の探索者》 《魔救の追求者》に加え 《魔救の分析者》も含めた3種のアダマシアチューナーはいずれも自身を特殊召喚する効果を持っており、出張としても混ぜやすく、デッキを捲って岩石族を展開する強力な共通効果を持っています。

抹殺の指名者や墓穴の指名者の有無で決めてください。 《超重武者装留イワトオシ》を素材に 《超重武者カカ-C》をリンク召喚• ここまで読んでいただきありがとうございました! 【追記】. 前書き 前回の記事では、 スクラップゴーレムを採用したイヴ型幻影オルフェゴールの利点について、お話しいたしました。

【はみるとんのデッキビルドTips】第19回 種族デッキの作り方~岩石族編~

出典: それがこの 《ブロックドラゴン》です。 【この構築の課題点】 今回使用した構築ではゴーレムとリサイクラーという特定のカードを複数回使用することで先行ワンキルに向かうというルートである関係上これらにアクセスするカードに誘発を当てられるとワンキルが成立しません。

8
《スクラップ・キマイラ》の効果で《スクラップ・ラプター》を特殊召喚• サンプルレシピ アダマシア 【アダマシア】 メインのモンスター数を増やして下級アダマシアのめくりを強くしつつ、レベル4で《御影志士》を出しやすくする事を意識しました!やはり《ブロックドラゴン》は神ですね! こちらの動画で使用しています! — ヴァイロン・オメガ(あだちくのすがた) kotonohakami 前述の 《御影志士》始動の展開パターンでシンクロを並べながら「アダマシア」モンスターによるデッキ捲りでコアキメイルモンスターの展開を目指していきます。 「ワルキューレ」モンスターは一度特殊召喚すると連鎖的に展開していくことができるので、《宣告者の神巫》とは非常に相性が良いです。

【2021年 スクラップデッキ 入門書】破壊を駆使して宇宙展開!

スクラップオルフェゴールの特徴• そのカードを発動された場合に、役割を持てる展開をメインから用意できているのは大きな魅力でした。 《魔救の探索者》+2体の《リンクトークン》で 《虹光の宣告者》をリンク召喚• ヴァイスシュヴァルツ• 後手では指名者等を減らしていることもあり、Gのドロー枚数を考慮すると、割と無視出来ないシチュエーションかと思います。

1
加えて、このカード自体をデッキから手札に加える事の出来るカードが全部で2種類あり、合計で9枚のカードを初動としてデッキに入れる事が出来ます。

【完全一枚初動】手札一枚からリンク4以上のモンスターを出せるカード集|ぐちゃ|note

お時間があるときにお読みください。 ジェネクスウンディーネです 4. デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。

12
このカードの表示形式を変更する。 それを無効にし、そのモンスターを破壊する。