「ローカル路線バスの旅Z 第13弾 大宮→黒部」の正解ルートを考える。「運命の分かれ道」はどこにあったか

目的地への到着は必ずバスを使わなければならない Z第13弾で初めて明確にされたルール。 次のバスまで2時間以上の待ち時間があった為、キャンプ場で太川と蛭子が魚釣りを、ゲスト の中島がまんじゅう作りを楽しんだ。

9
2017年1月2日の放送をもって卒業したが、シリーズ2では第9弾までナレーターとして参加。 高速自動車国道以外のなど有料のを通る一般路線バスについては、有料の区間も含めて利用可の場合と、有料の区間は利用不可の場合がある。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 第15弾 ゴール可能ルート?|hideki@鉄分多め|note

第3弾 を舞台に、からへの縦断を目指した。 過酷な歩き…超絶トラブルが連発…バス旅の厳しい洗礼が3人を待ち受ける!今回で13回目となる田中要次&羽田圭介、そしてマドンナ東ちづるは数々の試練を乗り越えて、ゴールに辿り着けるのか?ハプニング必至!3泊4日のアポなし珍道中をお楽しみください! 番組概要 タイトル 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z(ゼット)第13弾」 放送日時 テレビ東京系 2020年3月28日(土)18:30~20:54 出演者 田中要次(俳優)/羽田圭介(作家)/東ちづる(女優) ナレーター キートン山田 2007年10月に放送を開始した土曜スペシャル「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は太川&蛭子コンビが卒業し、2017年3月からは、田中要次&羽田圭介コンビによる新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」がスタート!今回がその第13弾となる。

一行は上尾から川越(中原町)を経由して鴻巣に向かいましたが、大宮から川越に直接向かっていたほうがよかったのではないか、と思った方もいるでしょう。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z(ゼット)第13弾!現在6勝6敗!失敗すればコンビ解散!

松本ルートは大回りになるものの、一行は以前に松本~富山へ抜けるコースを経験済みで、富山まで到達できることに確信を持っていたはずです。 是非、今回限りを望みます。

16
太川と蛭子が他局の番組で共演する機会もあり、本番組のエピソードも出演番組で語られたほか 、2人をゲストに本番組のパロディが制作されたこともある。 一日目 【】 - (京都市バス5系統) - 【京都駅】 - () - 【前】 - (京阪京都交通) - 【】 - (京阪京都交通国道線3系統) - 【】 - (園福線) - 【】 二日目 【福知山駅】 - (33・夜久野線) - 【】 - (夜久野バス) - 【】 - (徒歩) - 【金浦】 - () - 【】 - (全但バス) - 【】 - (全但バス) - 【】 三日目 【湯村温泉】 - () - 【前】 - (鳥取砂丘を散策) - 【】 - () - 【】 - (日ノ丸バス) - 【】 - () - 【】 - (日ノ丸バス) - 【】 - (徒歩) - 【下市入口】 - (日ノ丸バス) - 【】- (日ノ丸バス) - 【】 四日目 【松江駅】- (大東線) - 【】【】 - () - 【】 - (三刀屋線) - 【三刀屋バスセンター】 - (三刀屋出雲線) - 【】 - (一畑バス) - 【正門前】• コンビ存続を賭け「運命の選択」となった上田では、長野方面へ向かう先発バスの誘惑を断ち切り、手堅い松本ルートを選択しました。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z(ゼット)第13弾!現在6勝6敗!失敗すればコンビ解散!

ただ、実際の一行は軽井沢駅の案内所で15時頃まで情報収集していましたので、実質的に3. そこで、バス旅の過去の視聴率を全部調べてみました。

全体的にミスらしいミスはありませんでした。 マイペースな性格・奇抜な言動・ゲストへの容赦ない毒舌は、この番組でも健在であった。

田中要次&羽田圭介:失敗したらコンビ解散! 「バス旅Z」第13弾28日放送 最後には思わぬ“落とし穴”も?

まず初めにお断りしておきますが、今回の検証はあくまで机上の検証です。 ご容赦ください。

3
キートンは、太川陽介&蛭子能収コンビ時代の第2弾(2008年3月)からナレーションを担当し、17年3月からスタートした田中要次&羽田圭介コンビによる新シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅z』でも引き続き務めていた。 結局のところ、草津ルートは徒歩なしで軽井沢に到達できるというメリットはあるものの、大回りのため時間がかかります。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 z 第2弾 動画

さらに、松本~平湯~富山ルートの過去の経験を活かしたことも、大きなポイントだったといえそうです。 2日目、からへ向かうバスの車内で、「由比駅からはバスは無い」と言われ、由比駅からの間はタクシーで移動した。

なお、上記3箇条に加え、Zからは以下のルールが追加されている•。