国家公務員のボーナス 10年ぶりに引き下げを勧告(令和2年人事院勧告)

それぞれの勧告の内容を確認してみます。

の影響により、地方公務員の給与へ大きく影響が出てくるのは、来年以降でしょう。 詳しくは、こちらをご覧ください。

公務員ボーナス引き下げへ 10年ぶり、7日にも勧告―人事院:時事ドットコム

しかし、コロナ禍のもとで月100時間を超える超過勤務を余儀なくされている実態からは、きわめて不十分と言わざるを得ない。

15
(再任用は改定なし) 過去6年間、「引き上げ分」すべてを勤勉手当に配分し成績主義の強化を押し付け、今次勧告では期末手当を引き下げている。

【給与】発表遅れ、一部先遅り、10年ぶりの引き下げ、異例づくしの2020年度人事院勧告(国政情報)│政策立案データベース

これは、10月の人事院勧告によるもので、民間企業との差をなくすためです。

20
働く者の要求に背を向ける勧告 本勧告は多くの問題がある。

速報 20人事院給与勧告は厳しい情勢

ボーナスのマイナス改定を求めるのは10年ぶりで、年間給与は平均2万1000円減る見通し。 改善要求に応えるものではない。

6
今後、法改正作業が間に合えば、12月支給分に引き下げが反映される。

【給与】発表遅れ、一部先遅り、10年ぶりの引き下げ、異例づくしの2020年度人事院勧告(国政情報)│政策立案データベース

基準となる民間企業の給与実態調査で、民間のボーナスが公務員を下回る見通しのため。

15
勧告とは? まずは、そもそも勧告がどのようなものかわからない人もいると思いますので、簡単にご紹介します。

2020人事院・人事委員会勧告まとめ

あわせて、不当な一時金削減を許さず、月例給の引き上げを求めて全力をあげる。

11
参照: 調査の概要は、 人事院は例年、国家公務員と企業の給与水準を比較し、官民の格差を埋めるよう国会と内閣に勧告する。 一方、新型コロナウイルス感染症対策に、国民・市民生活の安心、安全の確保をはかるため、公務員は連日奮闘しています。

2020人事院・人事委員会勧告まとめ

1か月の引き下げを求めました。

7
2019年冬の時点では、影響は出ていない• 地方自治体にも重大な影響 いま、保健所や病院で働く仲間は、朝から夜中まで、休みの日も出勤して、国民のいのちと健康を守るために働いている。

2020年は公務員のボーナスがダウン!人事院勧告のポイントまとめ|KomuInfo

では、今回の勧告はどのような内容だったでしょうか? 今回は、令和2年度勧告のまとめについて、ご紹介します。 コロナ危機の収束が見通せないもと、国民のいのちとくらしを守りきる公務公共の役割を発揮し、すべての労働者の賃金・労働条件改善と憲法がいきる社会を実現するため、全力で奮闘しよう。

12
昨年8月から本年7月までの直近1年間の民間の支給実績(支給割合)と公務 の年間の支給月数を比較 つまり、それぞれの支給実績の単純比較です。 一時金の性格をゆがめる期末手当削減 勧告では、国家公務員の一時金の年間支給月数が民間事業所の一時金支給月数を0・04月上回っているとして、現在の一時金の年間支給月数4. 45月、金額にして約21,000円の減額 人事院は、2020年の国家公務員給与改定勧告で、ボーナス(期末・勤勉手当)を10年以来10年ぶりに引き下げる 具体には、民間企業のボーナス水準(平均換算で4. なお、報告では、テレワークの拡大を前提に勤務時間制度の研究を行うとしているが、まずテレワークにおける労働時間管理と不払い残業の実態を検証することが必要であり、無原則に拡大することは認められない。

国家公務員のボーナス 10年ぶりに引き下げを勧告(令和2年人事院勧告)

そもそもコロナの影響で国民が暮らしへの不安を抱いているもと、すべての労働者の賃金引き下げを招く暴挙であると言わざるを得ない。

18
45月)と、 特に本年夏季分が昨年同時期と比較して大きく減少しています。