コロナは茶番って本当ですか?

日本のテレビのウソ、御用学者にも騙されないようにしましょうね。 中国は、政治的経済体制が完成している。 コロナは人災である。

9
しかしそのようなことをやっても、今の時代ネット民は工作に敏感なのですぐにバレます(詳しくは下記の動画でご確認を。 インフルエンザA型 インフルエンザB型 RSウィルス アデノウィルス パラインフルエンザ マイコプラズマ クラミジア やはりコロナパンデミックは捏造。

「コロナは茶番」派の人間を観察してわかったこと

それが大事なことだろ。 それで自粛要請して、経済破綻で命を絶つ人が増えてしまうなんて、どれだけ馬鹿げた話でしょうか。 世界的に騒がれたのは、アメリカの大学、AIグローバルメディア、PR会社が動いたから。

7
『新しい生活様式』とやらは、免疫を低下 させ、さっさと死んでもらうための様式 としか言えません」 * 小林有希医師 「何年も前から準備」か「安全性が確認できない」か 「日々繰り返される報道の偏りと嘘。 11は、イルミナティによって人為的に起こされていたということ、しかも、何もかもが茶番だったということも。

もうコロナの茶番に騙されない!ドイツ人がパンデミックを説明する

本当に許せません。 決して犯罪者ではありません。 感染力が何倍も有るとか言って 中国では何億人も移動してたのに 当初ほぼ武漢の情報しか出てこ ない謎。

16
大企業に一千億出資案• これまで、世の中の動きや政治に興味がなかった人も、自分の悩みだけで精一杯だった人も、忙しくて考える時間がなかった人も、世の中の出来事、この先のことを真剣に考えざるを得ない状況になってきました。

なぜコロナが茶番と言えるのか?

全ての負の感情や怒りを出し切り、今までの嘘だらけの世の中を受け入れる事ができれば、地球まるごとの次元上昇と呼ばれる奇跡イベントは続いているので、自分の意識がその波に乗る事さえできれば、黄金時代の幕開けなのである! 日本の古事記/日本書記に書いてあるように、コロナの後に「弥勒の世」が到来しているのである。 【理由は、今回の最も大きな目的は、世界の支配者層の一斉逮捕及び一掃が目的だからである!!】 今回の出来事は情報戦争であり、敵に手の内を見せる戦争など存在しない。 そのような血筋でないと活躍できない仕組みになっているのです。

10
結構、みんな気がついて来てますね😊 インフルエンザ死者数の方が多いという矛盾 数字を見てください。

コロナパンデミックは茶番です。

とにかく真相が知りたかった。 なら、自動車を 運転すると人を傷つけるか もしれないから運転するな! って事になりますよ。

10
要するに、利益のために、一部の情報を煽るだけ煽るんです。 だって身の回りの知り合いの知り合いの知り合いの知り合いにも只のひとりも新コロで死んだ人も苦しんでいる人もいないのだから、いるのはPCR検査でむりくり感染者にされた〝無症状〟の健康な人、そして新コロ騒ぎの影響で事業が破綻して首が回らなくなったり、将来を悲観したりしたりして自殺してしまった人だけ 笑 笑っちゃいけないが、あまりにもバカバカしくて笑けてきちゃいますよ本当。

「コロナ茶番」に関するQ&A

「本当は今、世界や日本で何が起きているのか」 「命を守るにはどうしたらいいのか」 「真実と嘘をどう見分けたらいいのか」 「これから先、どう生きるのが正解なのか」 RAPTさんたちは、これらの答えを、理路整然とした根拠をもって伝えてくださっています。 ) 2014年からはじまったRAPTブログ。

1
この本質を気付かせる為の意識の上昇や、今後の世界の予行演習みたいなモノがコロナ劇場と言う表現が近いかもしれない。

コロナは茶番って本当ですか?

本当にひどい病気ならばみんなして余裕をなくします。

12
子どものマスク着用により、身体、行動、学習、情緒 のすべてにわたって非常に多彩な障害(副作用)を 認めました」 * 本間真二郎医師 PCRは諸悪の根源 「PCRは諸悪の根源。

コロナは茶番?混乱させる目的と隠された陰謀について

新型コロナは茶番劇。 何故ここまで過剰対策を続けるのか? — メメント(旧会長) 7iU7npdlhEltGMy 諸外国では「PCR詐欺」が次々と判明 ポルトガル、イタリア、ドイツ、アメリカなどでは「PCR詐欺」が次々と明らかになり、訴訟問題にまでなっているとのことです。 1って狙ったとしか思えない中途半端な数字…。

8
日本のインフルエンザ 昨年比600分の1 「検査は多く行われているのに」 新型コロナに関連して行われた公衆衛生上の対策が、インフルエンザの感染拡大に影響 — ほえ ohitori10man また、12月5日の記事によりますと、日本のインフルエンザ患者は昨年と比べて 600分の1だということが明らかになりました。