ティシュボックスカバー作り方

作り方は簡単なレベルから複雑なものまでありますが、まずはボンドなどを使って「くっつけるだけ」から試してみるのも楽しそうです。 ミシン (手縫の方は糸と針などの簡単な裁縫道具)• はさみ• 左右両方縫います。 端のクリップを外し、三つ折りが崩れてしまわないよう注意してミシンにセットします。

14
ボックスティッシュ• STEP2 表に返して ティッシュの取り出し口部分を左右互い違いに2センチ重ねる。

ボックスティッシュカバーの作り方(裏地なし、布1枚)

半分に折り三角にして端から10cm程度の所を縫い合わせる• ティッシュの出し入れ口がねじれてる状態になっていればOK。 縫った後、この 5cm開けた返し口から表面にひっくり返すので、必ず開けておいてください。 バイアステープがアクセント!ボックスティッシュケース• はさみ• ハンドメイドしたいけど…どうにも縫い物は苦手。

11
3の生地を三角形の形で半分に折る• 6で縫ったところにボタンを通したら完成です。 半分に折って、三角形を作ります。

可愛い布で作る♡簡単リバーシブルボックスティッシュケースの作り方

右端はこの後、持ち手用のテープを留めるので1cmくらい開けておきましょう。 返し口から表生地を出すようひっくり返す• 縫い代はとらず、寸法どおりに生地をカットする• ボックスティッシュ• 3の生地を三角形の形で半分に折る• もう一方も端と2cmくらいのところを直線縫います。

11
5cmずつのところにチャコペンで印をつけます。

ボックスティッシュカバーの作り方(裏地なし、布1枚)

小さめのクリップ 二個(待ち針、洗濯ばさみでもOK)• ひとつを表返し2枚を重ねまとめます。

3
手縫いのステッチでも大丈夫です。

ボックスティッシュカバーの作り方

よく使うボックスティッシュのサイズに合わせて微調整してください。 アメリカンホックもしくはスナップボタン、マジックテープのいづれか2個(二か所留めます) 続いてバイアステープを使ったボックスティッシュケース作り方の手順です。 柄生地などでわかりづらい模様でしたら、しつけ糸で簡単に印を縫いつけておくとわかりやすいですよ。

6
作り方参考サイト: フェルトを切り貼りするだけのボックスティッシュケース フェルトなら端の始末もいらないし、布用ボンドなどで貼っておしまいという作り方ができるので気軽に作ってみてはいかがでしょう。

ボックスティッシュカバーの作り方(裏地なし、布1枚)

もう一方の端も重ねて留めるのですが、先に留めた方と逆の重ね方になるようにします。 右端から1cm部分にテープを挟み縫う• もう一方の端も重ねて留めるのですが、先に留めた方と逆の重ね方になるようにします。 後はそのまま裏に返して一緒に袋縫いで縫いこみます。

16
と、いう方はお試しあれ! ボックスティッシュケースに必要な材料 では、前項でちょっとご紹介した 縫わないボックスティッシュケースの作り方の作り方と必要な材料です。

【型紙不要】四角い布1枚を折りたたんで作る、マチつきボックスティッシュカバーの作り方

用意するもの• 工作になりますが、一人でもくもくと作業するも良し、ご家族でわいわい言いながら作るも良しです。 アイロン では、作り方の手順を見ていきましょう。

14
途中、ミシン針がマチ針に当たらないようにマチ針を抜きながら縫い進めましょう。