(別添2)確定申告書等作成コーナーについて|国税庁

青色申告決算書・収支内訳書 作成コーナーのデータ入力手順 最後にデータを保存して申告書の作成がすべて完了です。 e-Tax(国税電子申告・納税システム) 税務署に出向くことなく、インターネットを利用して申告や納税などの各種手続をすることができます。 <編集後記> 別に国税庁や税務署から宣伝してくれと言われたわけではありません。

8
4 贈与税の申告書• 印刷が終わったら、「印刷終了(次へ)」のボタンをクリックする。 確実申告期間は24時間利用可能で、 添付書類を省略できるので紙での提出よりも手間が省けます。

国税庁のサイトで確定申告書B(第1表、第2表)等を作成する方法

) 確定申告期以外の期間 月曜日~金曜日(休祝日及び12月29日~1月3日を除きます。 これで住民税等の項目は完了である。 (別添2)確定申告書等作成コーナーについて. 控除に関する書類は、あなたが受ける控除によって異なります。

16
完成した確定申告書や青色申告決算書等は、PDFデータで保管が可能です。

「確定申告書等作成コーナー」の使い方を徹底解説【全画面キャプチャ付き】

e-Taxの利用可能時間 確定申告期間 全日(土日・祝日を含みます。 また、青色申告決算書については、現金主義用も作成できます。 そのときの確定申告書控えと一緒にIDとパスワードが書かれた書類が保管されていないか確認してみましょう。

4
計算ミスの可能性が高くなる• 確定申告書等作成コーナーとe-Taxとの違い 前項でも触れた とは、インターネットを通じて確定申告書を提出できる電子申告システムです。 これで、「申告書等の作成」は完了である。

国税庁のサイトで確定申告書B(第1表、第2表)等を作成する方法

ここでは、「下記のチェック項目については、すべて確認済みです」をクリックする。

会社員やパート・アルバイトなら、会社から交付された票を用意します。

「確定申告書等作成コーナー」の使い方を徹底解説【全画面キャプチャ付き】

0 PDF閲覧ソフト Adobe Reader X Adobe Reader XI 作成データの途中保存ができる 申告書作成のためのデータを入力していく中で、すぐに分からないときや、時間が足らなくなってしまって後日に続きを行いたいときなども当然あるでしょう。

11
郵送や時間外収受箱に入れる場合は、税務署の判子を押して返送してもらう必要があるので、 切手を貼った返信用封筒を必ず添付しましょう。

令和元年分の確定申告期におけるe

スマホとマイナンバーカードでe-Tax! 「確定申告書等作成コーナー」では、スマホで所得税の確定申告書が作成できます。 詳しくはをご覧ください。

3
(ただし、動作するOS、ブラウザの種類とバージョンに注意しましょう。 ご自身で入力できれば、早いタイミングで税金がいくらになるかも把握できますし、わざわざ無料相談会で長時間並んで大変な思いをしなくても済むかもしれませんね。

確定申告書等作成コーナーについて|国税庁

所得税及び復興特別所得税の申告にあたって、申告書に添付することとされている主な明細書や計算明細書等の様式を提供しています。 関連のリンク コピー お問い合わせ 所在地 : 〒939-0294 富山県射水市新開発410番地1 TEL : 0766-51-6618 FAX : 0766-51-6651 MAIL : 高岡税務署 所在地 : 〒933-8540 富山県高岡市博労本町(ばくろうほんまち)5番30号 TEL : 0766-21-2501(自動音声でご案内します). 収入・所得・控除などの入力 このページでは、「収入、所得、控除」などの自分に必要な箇所の入力を行う。 作成できる申告書等は、以下のとおりです。

14
青色申告特別控除額 青色申告決算書(不動産所得用)にて、「青色申告特別控除額」がある方は、「その金額」を入力する。

確定申告書等作成コーナー/e

データを保存することで、今後申告書等の修正をしたり、来年また利用するときなどに住所などその他もろもろの入力を省略することができるので、かなり便利である。 記入漏れ、計算誤り、添付書類不足に繋がるので、パソコンを持っている方はなるべく紙での申告を避けたいところです。 eLTAX(地方税ポータルシステム)を利用すれば、支払報告書と源泉徴収票を一括作成し、送信することができます。

14
確定申告書作成コーナーで作った確定申告書を印刷して、管轄の税務署に郵送する• 注1:マイナポータル連携の詳細については、国税庁ホームページの「」をご覧ください。 しかしながら、e-Taxを利用するためには、電子証明書の取得やICカードリーダライタの購入、ソフトウェアのインストールなどの事前準備があるため、確定申告の1か月くらい前から準備を行っておく必要があります。