旭化成が半導体工場の復旧断念、サプライチェーンへの影響は?(ニュースイッチ)

また、窮状を救ってもらった経緯から生産委託を即座に打ち切りにくい側面もある。 すでにご存じの方も多いと思いますが、先月10月20日、宮崎県延岡市にある 旭化成エレクトロニクス株式会社(略称 AKM)の半導体製造工場 生産センター 第二製造部 で火災が発生し、大きな被害が出ました。

19
ですが、今回は新型コロナウィルスによる影響の時もそうでしたが、使用する部品の供給についても、それがどんな災害があっても問題なく供給され続けることができるのかということを評価していなかった可能性が高そうですよね。 半導体の塊でもある自動車生産にも影響は出ている模様。

【悲報】旭化成の代替えを請け負ったルネサスの半導体工場も火災発生。半導体の供給不足が更に深刻さを増すと思われ、日産の新型ノートやホンダ新型ヴェゼル/フィット4などにも大きな影響が出る?

足元の半導体不足は特定メーカーへの生産集中に起因しており、自動車産業などを巻き込んだサプライチェーン(供給網)の脆弱性によるリスクが高まっている。 ZOOMもいち早くAKMの工場火災による影響をプレスリリースとして出している その調査の結果、これらの電子部品を再調達できるのは、早くても2021年の10月以降になるとのこと。 主に半導体を作ってる工場でもあり 殆どの半導体が特注品の為、これから 色々なメーカーに打撃が出てきます。

6
台湾は米国側であり日本とも極めて良い関係、という事は間違い無いが、台湾だって危ない勢力は居る訳で、油断すれば結局中共の世界征服が進む事になる。

半導体工場火災の続発で囁かれる「中国犯行説」は、陰謀論で片付けられるか

そのAKMの部品が供給できなくなると、各社の製品の生産がストップするとともに、まだ世に出ていない設計中の新製品のリリースができなくなったり、大幅に遅れる可能性が出てきています。

7
会社は11月には再建には6ヶ月ぐらいを見込んでいるということでしたが、ここまで現場検証がでていませんので、少なくとも稼働は今年の7月以降までずれ込むことが決定的になりました。 また、ルネサスの火災事故は、メッキ装置への過電流によりシリコン樹脂が加熱・発火したとか・・どちらも状況としてはよく似ているような。

半導体工場火災の続発で囁かれる「中国犯行説」は、陰謀論で片付けられるか

1カ月以内の生産再開の目標を示すものの、旭化成とは被害状況が異なるとはいえルネサスの早期再稼働方針に疑問の声は多い。 半導体工場ですので、様々な薬品を扱っていますから、それらが影響している可能性があるわけですね。

14
そこで気になるのは、なぜここにきて半導体工場の火災が相次いでいるのかということだろうが、ものづくりの現場や専門家から聞こえてくるのは、「日本の工場、火災に弱い説」だ。 前者については、半導体製造装置の需給がひっ迫する中、新たなめっき装置が入手できるのか、後者については、世界中の半導体メーカーがフル生産の中、代替生産の引き受け手を見出せるのかがカギになるだろう。

「ETC とか 延岡のAKM工場火災の影響で世界中のオーディオインターフェイスが枯渇する可能性」Shunmimiのブログ | Shunmimiのページ

何らかの影響がまだ残っているということでしょうか?たぶん危険な薬品が残っていたり、燃焼物がたまっていたり、工場が崩落する可能性があるなどで人が建物に入れない状況が続いていると考えられるので、工場の再建の開始が大幅に遅れることは確実になりました。

7
何やら半導体工場ばかりで火災が起きているような印象を受けるだろうが、実は実態としては、「工場」全体で火災が頻繁に起きている、と言った方が正確だ。

旭化成、半導体工場復旧断念も…火災の損傷激しく 供給不足拍車か

によると、代替え生産を行っていたルネサスエレクトロニクスの一部車載用半導体の生産ラインが停止しているとのことで、これによる自動車業界の半導体供給不足の影響が更に大きくなると予想。

10
しかも、火災は日本と韓国のみで、中共は勿論の事、台湾 これも生産工場は中共が多い の工場は火事にならない。

半導体工場火災の続発で囁かれる「中国犯行説」は、陰謀論で片付けられるか

たぶん、過去に多くのメーカは、東日本大震災、熊本地震、その他各地の豪雨などの災害で、工場が被災し製造ができなくなるという経験をしています。 フラグシップDACであるAK4499EQと並ぶ性能を誇る新製品のAK4498EQ ここではオーディオインターフェイスを中心に取り上げていますが、デジタルシンセサイザやリニアPCMレコーダーなどDTMにまつわるさまざまな機材にもAKMのDAC、ADCが搭載されているので、その影響は多岐にわたりそうです。 20日から3日後でも火災は鎮火せず、黒煙が立ち上がる状態が続いてしまいます。

そのルネサスも主力工場の火災で供給不安が広がっている。

延岡のAKM工場火災の影響で世界中のオーディオインターフェイスが枯渇する可能性

AV機器なども品薄に関して同様な状態の様です。 なお火災が発生したのは、同日午前2時47分に那珂工場の1階からで、その約5時間後に鎮火したとのことですが、出火元はめっき装置で被害を受けたのは先端品の量産を担う直径300mmの半導体ウエハーに対応した生産ラインとのこと。 イランの遠心分離機の制御システムは独立ネットワーク下にあったものの、USBメモリを介して仕込まれたマルウェアによりSCADAレベルの制御コードが書き換えられた結果、人が気が付かない程度に遠心分離機周期がズラされて次々に破壊された。

もちろん、DACやADCのチップが変われば、その音も変わってくるので、実際どう変わるのかも気になるところです。

延岡のAKM工場火災の影響で世界中のオーディオインターフェイスが枯渇する可能性

そして住民からは体調不良を訴える人もでてきて、状況はさらに混乱していってしまいます。 画像は今回の火災とは関係ない半導体ウエハのイメージ画像です。 すでにメーカーの話によると、流通在庫であるAKM製品の価格が暴騰しているとのことで、下手をすると製品の値上げということも起きかねない状況となっています。

4
先ずは旭化成の半導体の工場 旭化成マイクロシステムという シャア8割もあるメーカー。 ルネサス出荷停止 影響拡大 トヨタや日産は減産検討 — 日本経済新聞 電子版 nikkei ということで世界的な半導体不足を踏まえ、ルネサス復活までは世界屈指の半導体生産能力を誇る台湾のTSMCに代替生産を要請したのだった。