脅しか、本気か?: 英豪主導で密かに進む2022年北京冬季五輪ボイコット計画

こうした中、アメリカ国務省のプライス報道官は6日の記者会見で、北京で来年2月に予定されている冬のオリンピックへの対応について聞かれ「世界中の同盟国や友好国との緊密な協議に基づいて決める。 コロナが終息する保証はない。 共産党は、また、は「当時、自発的と描写されていたこれらの抗議活動を、実は中国政府が直接計画していたことが明らかになった」と報じている。

18
しっかり準備をしていきたい」と述べました。 *2=米国に加えて、日本と西ドイツ、カナダなどが同大会をボイコットした IOCは、オリンピックはスポーツの大会であって政治ではないと主張。

脅しか、本気か?: 英豪主導で密かに進む2022年北京冬季五輪ボイコット計画

このオリンピックのボイコットは、米国と欧州の共産党への対抗と関係がある」 9日、世界60以上の国の320を超える人権団体が、国連人権理事会に対し、中共の人権侵害をやめさせるよう要求する公開書簡に署名し、国連に対し、中共に説明責任を負わせるための独立した調査機構を早急に設置するよう求めました。 1980年のモスクワ五輪は米国主導で西側がボイコットした。 米国のジョー・バイデン大統領はまだ態度を明確にしていない。

6月に日米欧の16カ国の議員らが結成した世界的な議員連盟、「対中政策に関する列国議会連盟」の初代議長で保守党の元党首、イアン・ダンカン・スミス議員も8月、英国政府が国際オリンピック委員会(IOC)に中国から2022年五輪開催権を「はく奪」するか、「公式代表者の参加禁止」を要請すべきだと提案している。 人権問題などを理由に来年の北京オリンピックのボイコット論が出るなか、中国共産党系のメディアは「どこかの国がボイコットすれば北京は必ず報復する」と牽制(けんせい)しました。

米 北京五輪ボイコットも選択肢 「同盟国と協議」

いずれにせよ、中国は新型コロナ感染再拡大を恐れ、国境管理を緩めないだろう。 3月15日付のニューヨーク・タイムズ紙では、ミット・ロムニー上院議員(共和党、ユタ州選出)が、ソルトレーク冬季オリンピック組織委員会の会長としての経験を踏まえて、北京冬季五輪のボイコットの方法を提案している。

過去のボイコット劇は、1980年のモスクワ夏季大会と84年のロサンゼルス夏季大会が記憶に新しい。

米、北京五輪ボイコット協議へ 同盟国と、人権問題受け:朝日新聞デジタル

下院人権委員会共同委員長の クリス・スミス議員(共和党。 中国外務省の趙立堅報道官は、「中国はスポーツの政治化を断固拒否し、人権問題を利用して他国の内政に干渉することに反対する。

4
しかし、日本オリンピック委員会(JOC)など日本側は、東京五輪を控え、腰が定まらない。

北京五輪ボイコットする国はどこ⁈日本も不参加で決まりか!

なお、13社以外にもあと2社、中国以外の企業で中国政府と個別にスポンサー契約を結んだところがある。 実は08年に北京五輪(夏季大会)が開かれた時も、私はその前年、本を出版して広く世間にボイコットすべきだと訴えた。 米国からの呼びかけで、日米間でも協議することになりそうだ。

中国共産党はオリンピックの前に抗議活動が行われることを望まず、一方、共産党の敵対者、とりわけチベットと の敵対者はオリンピックの年を利用して、国際社会に自分たちの主張に目を向けさせようと試みていた。 米国務省の報道官は6日(現地時間)の会見で「(北京オリンピックの共同ボイコットは)我々が明確に話し合いたいことだ」とし「米国だけでなく、同盟国およびパートナーの利益にも合うものだ」として、ボイコットの可能性を示唆した。

中国、北京冬季オリンピックの“ボイコット”に対して「徒労に終わる」(WoW!Korea)

論評は「いま、ボイコット政策を押し出している国は一つもない。

多くの国々は経済および政治的な理由から中国政府との対話を中断するべきではないと主張していた。

英豪、2022北京冬季五輪の「ボイコット」示唆、中国の人権迫害に抗議して

スポーツの祭典が政治に利用されるのはイヤだわねぇ。 もし国連でなければ、国連に対する世界の見方はますます明確になるだろう」 民主活動家の魏京生(ぎ・きょうせい)氏は、国際社会は現在、人権問題を巡って中共に対して再び圧力を加えているが、これはトランプ大統領の対中政策と直接的な関係があると考えています。 2006年4月に横田早紀江さんが下院外交委員会の公聴会で証言した際の共同議長でもあった)は、 北京五輪反対は議会の総意との認識を示したうえで、 スポンサーとして利益を得ようとしている「大企業」(big business)の責任を明らかにするため経営者を証人として議会に呼ぶと宣言した。

20
ラーブ外相は「一般論としては、スポーツと外交・政治は分離しなければならないと考えるが、それが不可能な場合もある」と答え、北京五輪「不参加」の可能性を示唆した。

160超の人権団体「2022冬季五輪の北京開催を撤回せよ」

この「外交ボイコット」は、2013年にロシアが、未成年者への「非伝統的な性的関係」に関する情報提供を禁じる同性愛プロパガンダ禁止法を制定したことへの抗議として行われた。

17
確かに、ウイグル族の虐待や香港での自治の破壊と人権の蹂躙など、中国の行動がこれ程までに問題視されている時に、何事もなかったかの如く北京オリンピックに参加して、中国の国威発揚と中国共産党の正統性の証明に手を貸すことには如何にも釈然としないものを感じる。 これに対し、中国側は共産党機関紙・人民日報系「環球時報」を使って「ボイコットするなら中国は強力な制裁を加える」との論評を出し、ボイコットに向けた動きに強く反応している。

英豪、2022北京冬季五輪の「ボイコット」示唆、中国の人権迫害に抗議して

恐らく、このために米国はボイコットではなく、2022年冬季オリンピックの開催権の剥奪を求めていると考えられる。 ボイコットに対して協議をするとなれば、関係諸国と十分に話し合いをしてからどうするかを検討することになると思われます。 中国における人権の扱いに対して欧米の大国が協調して圧力をかけるのは、これまであまりなかったことだ。

7
北米および欧州の諸国にとって、冬季オリンピックは夏のオリンピックよりも遥かに重要である。