【ある日、お姫様になってしまった件について】第88話の感想と妄想

アタナシアは、また皆の注目を浴びるのかと不安になる。

12
もう行かなきゃいけないの。 考えている途中でアルフィアス公爵に呼ばれたジェニット。

【翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 99話【ネタバレと感想】

) (姫様はアルフィアスの邸宅に来る前までは王宮を彷徨っていた。 今はアタナシアを守るために魔法を使った反動で、アタナシアの事を忘れてしまいました。

) (姫様はアルフィアスの邸宅に来る前までは王宮を彷徨っていた。

【ある日、お姫様になってしまった件について】第81話の感想と妄想

レディーマグリタはアルフィアス家の 客人です。

(可愛いw) アタナシアは口元に手を当てると、パパには言わないでねと伝えます。 悶々とパターソン子爵の言葉や、パターソン子爵の正体などを考えていたが、1人で考えたところで答えは出ない。

【翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 67話【ネタバレと感想】

今はアタナシアを守るために魔法を使った反動で、アタナシアの事を忘れてしまいました。 部屋に入るかという問いに戻るといい去ります。 その後世界樹まで向かうルーカス。

2
前回のあらすじは、アタナシアは、クロードにしか頼めないことをお願いする。 初登場!!!綺麗な方だけど病弱さが切ない。

【翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 67話【ネタバレと感想】

クロとアタナシアは一緒に光っていましたが、クロは彼女を守るために魔力を発し光ったのかもしれません。 驚いたジェニットが叫ぶ。 (クロードの魔力。

18
最後に会った時 パパは私を殺したいと言った…。 もう、クロード視点だからか二人がまだ幼いからか、ダイアナ様がめちゃくちゃ可愛い。

【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について67話ネタバレと感想。それぞれの変化。ジェニットの決意。

一国の皇帝が黒魔法に手を出し、それによって呪いにかかったという話が事実であれば簡単に見過ごすことはできません」 「根拠もなく陛下を冒涜するとは……」 ギリっと歯を噛み締めてアナスタシウスを睨みつけるフィリックス。

3
公式手順は踏んだものの、カリオ公子が言おうとし発言やめたそのものだった。 アタナシアが皇帝代理になることを伝え、あとは出席者にサインしてもらうだけのはずだったが、アタナシアの発言を遮るものがいた。

【翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 67話【ネタバレと感想】

そして、パターソン子爵と言う名の偽名の男は、次の1手を考え…! ルーカスは呪いが壊れた!と勢いよく振り返ります。 続けてアタナシアは、その発言が会議に必要な議題だというならば、公式的手順を踏むように言い渡す。

5
多分こうあったらいいなという展開妄想メモです。