サーバント・リーダー「10の特性」あなたはいくつ該当するか?

メンバーにとって成長機会の多い環境を整えること 部下たちを成長させるには、何よりも彼らが活躍できる場所を与えてやることに他なりません。

2
部下が意見することもあるかもしれませんが、基本的にはカリスマ型リーダーが物事を決定し、部下は命令された業務を忠実に遂行します。

これからの強い組織は「サーバントリーダー」がつくる!注目のリーダー像とは?

考え方そのものは何十年も前から存在していましたが、近年になって特に注目を集めるようになったのです。 その結果、本部のセールス資料を受け売りするだけになってしまいがちでした。 また、サーバント・リーダーになることは、自ら積極的に周りの人々を助け、他者に奉仕することを意味しています。

3
三方よし、つまり買ってよし、売ってよし、世にもよしという関係を構築すべきだという信念もありました。

サーバントリーダーシップとは?部下を奉仕・支援し、能力を発揮させる

一方、サーバント・リーダーシップに従うメンバーは、主に「やりたい」という気持ちで行動し、やるべきことに集中して、工夫できるところは工夫しようとします。 相手優先で考えたり、何でも教えるのではなく部下の主体性に任せたり、一歩引いた立ち回りが重要です。 部下がリーダーに恐れを抱くことも多く、能動的な行動と、自ら行動することで得られる成長を阻害してしまいます。

7
そのため、サーバント・リーダーは説得や対話により、周囲の合意を得た解決策を模索していきます。 概念化 常に目標への志向を忘れずに、メンバーの目標、組織のゴールをイメージしながらリーダーとしての役割を最適化します。

サーバント・リーダシップーとは―引っ張る上司から奉仕する上司へ

多くの企業が未だに支配型のリーダーシップである背景には何があるのでしょうか。 それぞれの小売店の個性や特徴などは無視されたままでした。

8
また、働く人の価値観が多様化する中で、「こうであらねばならない」から「みんな違って、みんないい」へと変わり、「個」として受け入れ合うことが重要視されています。

サーバントリーダーとは?近年注目を集める支援型リーダー

つまり、リーダーシップの形は経営者の数だけ存在し、絶対的な正解はありません。

5
部下が持てる力を発揮できるように奉仕することで、組織全体の成長を促します。

サーバントリーダーシップとは何か?支配型リーダーシップとの違いは?

いくつかの理由があると思いますが、日本企業において新入社員は当たり前のように支配型のリーダーシップを実践する上司や先輩から学び、自分が管理職になると同じ事を繰り返すからです。

8
従業員を大切にすることが顧客満足につながる サーバント型リーダーシップはチームメンバーが保つ力を最大限発揮し、方向性をリーダーが示して、実務・実行段階ではメンバーが主役となるリーダーシップです。