クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」を13歳のノルウェー女性シンガーが米オーディション番組でカヴァー、話題に

小さな紅い頬に笑顔を浮かべるアンジェリーナちゃん。 AGTザ・チャンピオンズ2020リザルト 優勝 V. ハイディが舞台裏で理由を尋ねると、アンジェリーナはこう明かした。

アンジェリーナは6年後の2020年に世界最高のオーディション版組であるAmerica's Got Talent、に出場した。 Duo Destiny【曲芸】ポーランドGT2018 優勝者 5. 敗北を受け当時ステージで「この舞台は僕たちにとって夢でした。

ノルウェーの天才少女歌手アンジェリーナ・ジョーダン:沖縄・日本・アジア・世界 内なる民主主義

Dan Naturman【コメディ】AGT2014 ファイナリスト 8. 二人は別の歌手と違っている。

15
参照元:、(英語) 執筆:. 毎晩聞いている。 優勝最有力候補として全米の注目を集めながら、AGTではファイナル第4位の結果に終わり波瀾の結果となった。

アンジェリーナ・ジョーダン、リパブリック・レコードより第1弾「Million Miles」リリース

その理由について彼女は「ずっと昔、家族と旅行していた時に靴のないホームレスの少女と出会いました」、「彼女は裸足で、彼女の力になりたくて私の靴をあげました。 そして7歳になり出場したゴット・タレント。 アンジェリーナ・ジョーダンの代表的なカバー、フランク・シナトラ(Frank Sinatra)の「Fly Me to the Moon」()。

9
決勝進出はならなかったが、「Never Give Up On Us」はその後英国iTunesソングチャートでトップ10入りとなった。 マイクが大きすぎるくらい小柄で可愛らしい白いドレスを着たお人形さんのような少女は、 1941年ビリー・ホリデイ(Billie Holiday)カバーの名曲「Gloomy Sunday」(暗い日曜日、この曲を聞くと自らの命を断つという都市伝説がある)を、人生の機微を穿つ風格の歌声でその哀愁を歌い上げると、審査員の涙と観客の歓声と共に、その衝撃は世界へ(動画は以下に掲載)。

オーディション番組に出演した7歳の少女の歌に審査員が思わず感涙 / 海外の声「ビリー・ホリデーの生まれ変わり」「生まれながらのスター」

2014年当時7歳、ノルウェーのゴッド・タレント『Norske Talenter』で涙を誘った。

16
なお今回ゴールデンブザーを獲得した4組のパフォーマンスは以下の通り。 審査員もアンジェリーナの歌に驚く。

『アメリカズ・ゴット・タレント』裸足のまま歌った13歳少女、その「理由」に胸が締めつけられる

ノルウェーでは有名になり、引っ張りだこの人気歌手になる。 僕たちは夢のために切磋琢磨し、また夢のために戦っていきたいです」と誓った。

4
そこには深い想いが込められます。

アンジェリーナ・ジョーダン、新曲「7th Heaven」リリース

番組では小日向をゲストに迎え、プライベートや趣味などについてトーク。 木の枝に首吊りされた黒人を果実に例えている歌である。 で、今、さらっと「当時」なんて書きましたが、その当時とはいつのことかと言いますと、2014年に遡ります。

一人は感動して涙を流した。