進撃の巨人137話『巨人』感想と考察 止まったエレンと始祖ユミルちゃんと光るムカデくんの謎

すでに設置が完了しており、あとは起爆スイッチを押すだけ。 ジークは言います。 アルミンが「それが」「ここが、「死の存在しない世界」」「だとしたら、ユミルの目的は一体何ですか?」と聞くと、ジークは「俺もここで気の遠くなる時間をかけて彼女を理解しようとしたよ」「これだけの力を持っていながらフリッツ王に逆らうことができなかった」「それがなぜなのか、二千年もの間ここに留まりフリッツ王に従い続けた理由」「何かの未練を残していたことは確かだが」と答えていく。

19
アルミンはありがとうと感謝し、皆の力が無ければ、地鳴らしは止められなかった…、とつぶやきます。

進撃の巨人138話ネタバレ!惨劇!ジャンやコニーが巨人に・・・|漫画市民

仲間を乗せたファルコのがカリナたちの元に降り立つ。 悲しい。 ジークの言う死の存在しない世界・・・それこそがこの精神世界のような場所でした。

9
アルミン:渋々ながら了承 アルミンがジークを説得?というか、生命の目的を再確認させたことで、協力してくれる流れへと進んでいきました。

最新ネタバレ『進撃の巨人』137

(始祖ユミルも含めて) アルミンとジークは彼らにお願いをする。 起爆装置を持ったジャンがエレンの首に向かい、「この、死に急ぎクソバカ野郎があああ」とエレンの首を爆破させていく。

7
巨人がピークを襲いますが、ジャンが立体機動装置でピークを助けます。 「これは・・・砂に埋まってました・・・」 驚いた表情でジークは言います。

【進撃の巨人137話ネタバレ】リヴァイがジークを殺しアルミンが超大型巨人でエレンを吹き飛ばす!|ワンピース呪術廻戦ネタバレ漫画考察

子供の頃を思い出しながら話を始めるアルミン。 今後の進撃の巨人の展開も気になりますね。

ミカサの決断 地鳴らしは止まったが… アルミンが超大型巨人となり大爆発を起こすことで、エレンの始祖の巨人を吹き飛ばし、地ならしを止めることに成功します。

進撃の巨人137話ネタバレ!ジークの最期|アルミン、エレンとの別れ

リヴァイはすぐさまジークの元へ向かい、一瞬で首を取ったのです!! リヴァイはやっとエルヴィンとの約束を果たすことができました。 巨人たちは始祖ユミルによってコントロールされており、ピークやライナーは怪我のため苦しい戦況となっています。

ピークが「腕が治ればまだ戦える」と言うが、ピークを救出したジャンが「限界だ」「の元まで後退を」と言うが、ライナーはすでにやられていることに気づく。 口の中にはエレンの頭部があり、ミカサはエレンの頭部に向かって走り出します。

【ベストコレクション】 進撃 ネタバレ 137 267762

爆発によりエレン巨人の頭部が吹っ飛びます。 始祖ユミルに関するジークの説明• 「今は」の後に少し間があるのが気になりますね。

ジークたちの背後にはクサヴァーら過去の継承者の姿があった。

【ネタバレ】進撃の巨人 137話『巨人』 あらすじと感想

ベルトルトがアニを助け、ベルトルトに助けられたアニがアルミンを助けたのは胸熱だったよ……セリフ一切なかったけど、アニを見る目が優しい。 それを見たコニーが「後悔がねぇわけじゃねぇ」「でも、俺達、間違ってなかったよな、地鳴らしを止めたこと」と言う。

この3班に分かれて行動を再開するも、エレンは歴代の巨人を次々と召喚してくるためやはり劣勢を強いられます。

進撃の巨人137話『巨人』感想と考察 辛そうなリヴァイ兵長と心臓を捧げたジーク

リヴァイが「アッカーマンと巨人の力を持つ者は例外だろ、何をすべきかお前が一番わかってるはずだ」と答えると、ピークが「そんな、そんなのあんまりだよ」と返すが、リヴァイは「早くしろ」と叫びファルコに乗って飛んでいく。

そんな時、始祖ユミルの支配下にあるはずのベルトルトの巨人がアニを助けたのです!! ジャンは驚き、ピークは涙を流します。 勝ったと思った瞬間、ピークは戦鎚の巨人によって串刺しに・・・ 不幸中の幸いか、エレンの首に巻かれた爆弾はそのままで残っています。

最新ネタバレ『進撃の巨人』137

それを聞いてアニは父親の方に走っていきます。

15
もちろん133話の冒頭でも、指のない右手を庇っている姿が描かれました。 「オレに会いたかっただろ!?リヴァイ!オレは会いたくなかったけどな!」 ジークをみたアルミンは、彼が助けてくれたのだといいます。