ゴムパッキンのカビが取れない時は重曹?カビ予防や片栗粉での対策落とし方!

しかし取扱いには十分な注意が必要です。 そして、カビ予防には、洗い終わった後、しっかり乾燥させることが大事です。 カビが好む3つの条件• ドヤ顔で今まで説明してしまいましたが、うちのマグ、相当汚れが根深く、 上の方法でも落ちない黒カビがあったんです。

7
これからはホテルのような綺麗な浴室で優雅にお風呂タイムを楽しみましょう。

ゴムパッキンのカビの落とし方。重曹を使って浴室、窓、水筒までピカピカに!

我が家では「対カビ兵糧攻め」をして以降、 もう5年以上もカビを見ていません。 お部屋の湿気、カビにお悩みでしたら、ぜひ一度窓ガラスの見直しをしてみるのも1つの手ですね! 私たち「みんなのガラス屋さん」でも、結露を防ぐペアガラスのご用意はもちろんございます! 断熱性が高いガラスと一口に言っても、色々種類がございますので、 お客様のお好みとご予算によってピッタリなガラスをお選びいたします。

2
1年以上洗濯機を放っておいた場合などは 連続で2回洗濯槽のカビ取り作業をすることをおすすめします。

ゴムパッキンに生えたカビを取り除く方法

カビは煮沸消毒すれば死んでしまうので、ゴムパッキンを煮沸消毒して、そのあとキッチンハイターなどで漂白&消毒を行えば、カビの黒い色も消えますし、衛生面でも安心して使って大丈夫です。 乾燥させたコーヒーかすやお茶の出がらしやとぎ汁の消臭効果で臭いが簡単に取れます。 大人ならまだしも、お子様の場合はさらに気になると思います。

7
市販のカビ取り剤で除去 で除去するのがが良いでしょう 対策が遅くなるとカビが落ちにくく! しかし、さらに時間が経ってしまっていると、カビはゴムパッキンの表面だけでなく、 ゴムパッキンの内部に奥深くに入り込んでいて、拭き取るだけでは取り除けなくなるのです。

【お風呂のカビ】黒いゴムパッキンを10秒で真っ白にする方法

キッチンペーパーやティッシュ• 1つ1つの作業は難しくありませんので、気がついたときに予防・対策をしていきましょう! (私も、「家の窓ガラスは責任持ってピカピカに保つ」と妻に約束していますので、みなさんと一緒に頑張ります…!) 「みんなのガラスやさん」は、 窓ガラスはお部屋のインテリアの一部として考え、丁寧に、かつ速やかに窓の交換・修理を行っているガラス屋さんです。

2
片栗粉大さじ2杯に、塩素系漂白剤を20mlほど混ぜたものを、割り箸などでカビに塗布する方法です。

窓のサッシについたカビを手軽に取るワザ!超簡単な予防と対策| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

水分を拭かずに掃除している 水気が残っていると、洗剤の成分が薄まってしまい、効果が落ちてしまいます。 準備するもの お風呂のゴムパッキンに生えた黒カビ掃除には、市販の塩素系漂白剤とティッシュかキッチンペーパーを準備しましょう。

6
価格はちょっと高めですが、効果の高さは購入者の評価を見ればお分かりいただけるでしょう。 「アルミホイル?どうやって使うの?」 アルミホイルは、ボール状に丸めるだけです。

これでスッキリ!頑固な「ゴムパッキンの黒カビ」を真っ白にさせる方法

こうすることで、カビ取り剤の乾燥を防ぐことができるので、さらに長時間、カビ取り剤をカビに密着させることができます。

8
ただの水拭きで終了する• ・割り箸に濡らしたキッチンペーパーを巻き付けたもの ・使い古しの歯ブラシ ・綿棒 ・つまようじ これだけでも十分にキレイになりますので、すぐにでも試すことができますね。 少しカビのついていた 裏面は真っ白に!! でも、もし「子供のマグにどうしてもハイターなどの塩素系漂白剤を使いたくない!」という場合は、下の方法も試してみてください。

ゴムパッキンに生えたカビを取り除く方法

なかでも、ゴムパッキンは水が溜まりやすく、ゴムに傷がついてしまうと、カビの菌が中に入り込みやすいことから、取りにくい汚れとなってしまうのです。 カビを徹底予防したい場合は、キッチン用の漂白剤を定期的に使って除菌をした方がいいでしょう。

洗浄剤が乾かないようにラップで覆い、しばらく湿布をします。 カビのない生活を日頃から心がけてみよう! パッキンのカビ取り掃除は、身近な物を使って意外と簡単に行えることがわかりましたね。