【ゴロで覚える】コレステロールの生合成・コレステロールから作られるもの【臨床検査技師 国試】

〇〇ゲン 今回は以上になります! ではでは!. 選択肢に出てくる程度のため、国家試験レベルでは消去法に使うために必要、くらいの知識です。 読んでいただいた方が、より安全な抗がん剤治療を受けられるように願っています。

もちゆきナースのブログでは、看護師国家試験に出題されるポイントのゴロをたくさん紹介しています。 スポンサーリンク 最後に いかがでしたか? この記事では、下垂体前葉から出るホルモンの覚え方をゴロで紹介しました。

腫瘍マーカーのまとめゴロ、覚え方

グリシンは不斉炭素原子をもつ• アセチルCoAから合成される• プロラクチンは吸啜刺激によって分泌が急増し、母乳の生成を促します。 ステロイドホルモン コレステロールは余分なものと思われがちですが 体内で必須の脂質です コレステロールが合成され、そこから作り出されるもの 必ずチェックして覚えておきましょう ステロイドホルモンの覚え方 コレステロールから作られる重要な生体分子に ステロイドホルモンがあります• 抗がん剤の日+2日間など服用したりすることがあります。 点滴の滴下数を求めるためには、公式を使うのが一番楽な方法です。

7
ドセタキセル治療において、浮腫を抑えるためデキサメタゾンを服用することがあります。

視床下部から出るホルモン5つ。【簡単ゴロ合わせ】覚え方。

これで 1時間に75mlを滴下するとわかりました。 実際に書き出してみると• この問題では、成人用ルートを使用しているので、上の公式を使います。

20
2.アドレナリンは、副腎髄質で産生されます。

腫瘍マーカーのまとめゴロ、覚え方

精神症状(ステロイド精神病)• トリプトファンはインドール核をもつ• リジンは中性アミノ酸である• 体内のカリウムを排泄するなどして電解質の代謝作用を持っております。

5
がん治療以外に用いるステロイドの種類は多く、内服薬・外用剤・点滴と様々な投与方法が存在し、目的や状況に合わせて使い分けられています。

グルコース解糖系のゴロ、覚え方

がん治療におけるステロイドの役割 抗がん剤としての役割 先ほども記載しましたが、大量にステロイド(プレドニンやデカドロン)を使用した場合、細胞の核内受容体を介して核内のendonuclease(ヌクレオチド鎖の途中を切断する酵素)を活性化することで、腫瘍細胞のアポトーシスを誘導、殺細胞作用を示す効果を持つことからリンパ腫・骨髄腫を破壊する作用を発揮します。

12
このときの輸液の残量を求めよ。

腫瘍マーカーのまとめゴロ、覚え方

視床下部から出るホルモンの 暗記ポイント 視床下部から出るホルモンは、ソマトスタチン以外は全て放出ホルモンになります。

5
チロシン この3種類です! スポンサーリンク アミノ酸について正しいのはどれか【臨床検査技師 国試より】• 1.エリスロポエチンー膵臓 2.アドレナリンー副腎皮質 3.成長ホルモンー視床下部 4.レニンー腎臓 正解は、、、 、、、4.レニンー腎臓です。 ステロ ン• 3.プロラクチンの分泌は新生児の吸啜反射によって一過性に高まる。

グルコース解糖系のゴロ、覚え方

これを読んで、点滴の滴下の問題を強化していきましょうね! また、この記事は新人ナースにもオススメです。

抗がん剤をサポートする(吐き気止め) デキサメタゾンには遅発性の吐き気を抑える効果を持っています。

【ゴロで覚える!】必須アミノ酸・アミノ酸分類

3.バソプレシンは下垂体後葉から分泌されるホルモンです。

13
また、計算問題は近年より複雑化し、マークシートで4つの選択肢から答えを選ぶのではなく、計算した答えをマークシートの数字を塗って答える形式が増えました。