【ドラゴンボールレジェンズ】ベジット:変身タイプ(YEL/SP)の考察

たまたまそうなったのか意図してなのかはともかく… GT悟空伝や有利属性前提の破壊神など、2021年実装の最高難易度イベントで十分に役割を持てる所は流石に周年記念キャラクターという所でしょう。 3番目でアクティブスキルを発動 発動後1番目か2番目に配置して攻撃を確定 回避スキルを持っていない 3番目に攻撃した時のパッシブ効果が発動! 敵のHPが条件となっているため、発動できる場面は限られているのがネックだが、アクティブスキル発動からフィニッシュまでコンボを繋げられる火力を秘めた強力なアクティブとなっている。 共闘・マルチバトルおすすめ 強力な必殺技の連続で活躍。

7
関連イラスト pixivision• スキルに関しては、『連続攻撃』を最優先で伸ばすべきでしょう。

ベジット (べじっと)とは【ピクシブ百科事典】

ただ、3番目に配置すると次のターンが回ってくるのが遅くなり、LRベジットの攻撃性能を高めるのに時間がかかるため、無理に3番目に配置する必要はないでしょう。

15
最新の長期戦型高難易度イベント・『』に関しても、『通常攻撃を控えめにして必殺威力だけ一気にインフレさせる』という難易度調整が行われたことで、『DEF20万もDEF30万もそこまで大差が無く、中途半端にDEF無限上昇を積むよりは火力をどれだけ出せるかの方がよっぽど重要』というイベント設計になっており、要するに『ちょうど5周年コンビにとっては都合の良いライン』になったりもしました。

LR【究極無敵の合体】ベジットの考察 ※2021/5/11改訂

自らを「」と呼ぶ。 通常攻撃による必殺技と追加攻撃による必殺技2回、さらに潜在解放スキル「連続攻撃」による追加必殺技が発動すれば、4回連続で必殺技を発動することも可能です。

17
原作に登場するキャラクターの中では 最強の戦士で、そのはを吸収したを子供扱いするほど。 強力な必殺をドロー&気力回復& バニシング100%回復• 変身前は大差もないですが、変身直後のDEFは大きく上がり、上の表で言えば『17. 【引けたら当たり?外れ?】 正確には排出対象のフェスで覚醒前を引き当てることになります。

【ドッカンバトル】LR変身ベジットの作り方と必殺技の上げ方

最大の特徴は と同じく、 変身前後でアーツ&アビリティ効果がガラッと変わる点です。

2021-07-14 19:00:00• 『ドラゴンボール超』では、合体ザマス戦で使用。

ベジット (べじっと)とは【ピクシブ百科事典】

便利なWカテゴリリーダー 変身ベジットは、「」と「」のWカテゴリリーダーを務めるため、両カテゴリの混成パーティを作ることに役立てられる。 普段はベジータが使用している技。 普段は悟空が使用するの技。

2
初出はゲームだが後にドラゴンボール超シリーズにも登場している。

【ドッカンバトル】LR変身・超サイヤ人ゴッドSSベジット【究極無敵の合体】[フェス限]

そのため、 長期戦になるほど自身が強化された状態で戦えるため、変身後は1番目か2番目で戦わせるのがおすすめだ。 世界が違っててもやはり自分同士という事もあり、ベジット:ゼノとの連携は超フルパワーサイヤ人4・限界突破状態のブロリー相手にも息ピッタリである。

『』で初登場。

ベジットブルー (べじっとぶるー)とは【ピクシブ百科事典】

特に特殊アーツは、敵の射撃アーツをはね返しつつ追撃可能なので、いざという時の保険にもなりますね 発動タイミングが遅いと喰らいますが。 なお、同年夏に実装されたも同様の反撃スキルを持つが、あちらは通常攻撃のダメージを最大80%カットする超性能。

16
雑魚相手ならともかく、破壊神や極限バトロ級の高難易度イベントでは回避をミスった瞬間致命的な打撃を受けてしまうし、何ならアイテムを使ってすら通常攻撃で4万とか5万なんてダメージを通される事もあるので、回避運が無ければ即リセットもやむなし、くらいの不安定さです。

【ドッカンバトル】究極無敵の合体・ベジット(超技)の評価とステータス

LRドッカン覚醒させる前に、同名キャラを使って必殺技レベルを10まで上げておこう! 老界王神・大界王[技]を合成 必殺技レベル上げ素材である「老界王神」か「大界王[技]」を修業相手にすることで、必ず必殺技レベルを上げることができる。 自身の手札のアーツカードをランダムで1枚破棄し、特殊アーツカードを次にドローする• 敵がカバーチェンジ時に発動する専用のアクションを無効化する 3秒間 ボージャックの「役に立ってみせろ」やセルの救出みたいな専用カバーチェンジなど。 GETできれば大当たり、早々に育成していきましょう。

7
射撃与ダメージを50%アップ 消去不可• しかしその反動か直後に合体が解けてしまった。 ・発動時、自身に以下の効果を発動。