「女性だから虐げられる」なら男を皆殺しに アンゴラの女王ンジンガの生き様 (2016年5月13日)

内戦終結後のアンゴラ [ ] 2002年の内戦終結により、1961年の独立戦争開始以来41年間絶え間なく続いた戦争が終わり、アンゴラは国家建設のための新たな歴史を歩みだした。 ジンガはその教養から誰よりも冷静に物事が見え、かつ現実を理解していました。 つまり カニバリズムである。

2
2019年8月20日時点のよりアーカイブ。

閲覧注意!アフリカの食人女王ンジンガ 彼女は果たして本当に悪女だったのだろうか?

1574年にアンゴラはに ()の制度と同様にとして譲渡され、の下で統治された。 自分が絶対であると心から信じ、そしてそれを押しとおす意志の強さも持ち合わせる。 英語版wikipediaで彼女に関するページをみつけました。

11
1998年12月以降MPLA政権のUNITAへの攻勢は激化した。 考察 10コストデッドマナ3人衆の一人。

アンナ・ンジンガ女王は誰でしたか?

ジンガはヨーロッパの文化を受け入れて国を脅威から守るために自らキリスト教に改宗するなどし、最終的にポルトガルと和解を成立させ聡明な女性であったという。 よろしければクリックお願いします。 『アンゴラ内戦と国際政治の力学』、、2001年2月。

18
ポルトガル相手に本格的な決戦に挑もうとする兄に、最新の武器である鉄砲を装備しているポルトガルに数こそ優っているとはいえ無謀な戦いであると説きます。 そして、1974年4月25日のによってアンゴラの運命は切り開かれた。

アラゴン王国のジンガ女王(グロテスクな表現に注意)

アンゴラ総督(任:1912-1915、1926-1928)はこのようなアンゴラ原住民への強制労働制度の改革に熱意を燃やしたが、そのような改革は彼の後にはほとんど顧みられず、原住民の強制労働への動員が続けられた。 ポルトガル語のわかる彼女は兄への恨みの気持ちを抑え、国民のために和平交渉へと赴きます。 当局がの城まで行き、ついに彼女は逮捕されてしまった。

10
時代は17世紀前半(ちょうど日本では徳川幕府が鎖国政策を実施した頃ですね)。 しかし、中にはそんなものは存在しないものもいる。

【ンジンガ】女性差別と戦いながらも「英雄」として名を馳せた女王

編『アフリカ史』〈新版世界各国史10〉、、2009年8月。 数日後、600人は女王の前に引き出され全員処刑されることになった。

ンドンゴは最初コンゴ王国の属国でした。

ラ・ヴォワザン

広間に立つ主従たちは皆、我先に逃げ出したそうにしている。

17
ペンサドールを見つめていると、命をかけて祖国を守ったンジンガ女王の姿に見えてくる。 青木 1997:32• 17世紀・・・日本では徳川氏が幕府を揺るぎないものにしようと躍起になっていた頃、海を隔てた地球の裏側では、アフリカが「黒い商品」、つまり奴隷の供給源としてヨーロッパ列強の侵略の矛先にさらされていた。