堂本光一、6年ぶりソロアルバム『PLAYFUL』6・2発売 スクエニとの遊び心あふれるコラボ(オリコン)

「V Short Movie」は、堂本自身のモーションキャプチャを含む実写とフルCGをハイブリッドして制作され、アルバムジャケットやキービジュアルとしても採用されている。 さらに光一さんが「俺もちょっと慢性鼻炎ですからね」と発言すると、剛さんは「あ、じゃあゾクゾクされてるで?気い付けや。 その世界観に飛び込むことは、喜びでもあり緊張でもあったという。

15
それで、ゲームの中でその食事を食べると、命中率が上がるなどいろいろあるんです!」と熱弁。 同社グループ史上、外部アーティストアルバム作品へのビジュアル・楽曲・映像と全てへの企画参加は、今回が初めてのことだ。

堂本光一、6年ぶりソロアルバム『PLAYFUL』6・2発売 スクエニとの遊び心あふれるコラボ(オリコン)

【番組情報】 KinKi Kidsどんなもんヤ! (文:アイドル担当ライター くる美). 以前より『FF』好きと公言していたことから、この日登壇したスクエニ担当者が「光一さんはFFをプレイしているということが社内でも有名で、ありがとうございます! そこで『何か取り組みができないか』という話になり…」と話すと、堂本は「いや~、あのね、僕にとっては盛大な職権乱用なんですよね。 (総プレイ時間は)900日間、7年間くらいやっていたのかな? 7年のうち3年はゲームをやるほど好き」とニヤニヤしていた。 堂本光一の6年ぶり5枚目のオリジナルアルバム『PLAYFUL』が6月2日にリリースされることが決定した。

8
そしてなんと、堂島さん本人もこの放送をリアルタイム聴いていたらしく、堂島さんは公式SNS上で「『堂島くんなのでアウトです』『なるほど』…なるほど??」と、番組のハッシュタグを付けて発言していました。 そして収録中に急に眠くなる光一くん。

堂本光一、6年ぶりソロアルバム『PLAYFUL』6・2発売 スクエニとの遊び心あふれるコラボ(オリコン)

初回盤Aには、人間と物の怪との争いを描くハイスピード剣劇『V』(ファイブ)Short Movieを収録。

ここから『FF11』への思いが止まらなくなり、「みなさんわからないですかね~、ゲームの中でスキルを上げていくんです。

KinKi Kids堂本剛、素っ気ない光一に「もうちょっと寄り添ってもらっていいですか?」

イベントでは「V Short Movie」のメイキング映像と完全版の放映、堂本と野末氏のトークセッションが行われた。 野末氏によれば、堂本の『ファイナルファンタジー』好きは社内でも有名だったそうで、堂本は今回のコラボレーションを「盛大な職権乱用」と表現。 まぁ、そういう…だらしなさだよね!ハハハハ!」と、急に高笑いをはじめます。

圧巻のCG技術により、迫力の世界観が展開される。

堂本光一、念願のSQUARE ENIXとのコラボに喜び 「盛大な職権乱用」(リアルサウンド)

今回の縁は、堂本が長きにわたり同社の作品を愛してきたことから繋がった。

11
同作収録のインストゥルメンタル曲「V」(読み:ファイブ)、そして初回盤Aに収録される「V Short Movie」において、SQUARE ENIXイメージ・スタジオ部、サウンド部とのコラボレーションが実現した。

KinKi Kids堂本剛、素っ気ない光一に「もうちょっと寄り添ってもらっていいですか?」

小さいころから好きだったFFをずっとやっていて、その中でも『FF11』を廃人のようにやっていた。 そんな光一さんに「あの、もうちょっと寄り添ってもらっていいですか?(笑)」と笑いながらツッコむ剛さん。 自分は食事を作るスキルをずっと上げていた。

19
堂本の『FF』トークを理解できるか不安を感じていたと打ち明けて笑いを誘った。

KinKi Kids堂本剛、素っ気ない光一に「もうちょっと寄り添ってもらっていいですか?」

。 映像やジャケットは、実写と最新技術でCG化された堂本を楽しむことができ、初回盤Aには特典映像として、王と影武者2人の堂本が登場する人間と物の怪との争いを描いたハイスピード剣劇『V(ファイブ)Short Movie』が収録。

20
堂本のゲーム愛を聞いた野末氏は「逆についていけるか不安だった」という。 続けて「ゲームの中で飯を食べているのに、リアルで食わないという、それくらいやっていました」と食事を忘れるほど『FF11』に熱中したと話すと、スクエニの担当者は「この話を聞いた時に、逆に僕は『ついていけるのか?』とちょっと思いました」と苦笑い。

堂本光一、6年ぶりソロアルバム『PLAYFUL』6・2発売 スクエニとの遊び心あふれるコラボ(オリコン)

これらの何気ないコメントから、お互いの仲の良さが伝わってきましたね。 知らんところでゾクゾクされてるで(笑)」と即座にコメントしていました。 リスナーから「堂島孝平さんは鼻炎フェチで、鼻声の人のことが気になるらしく、慢性鼻炎の人にはゾクゾクしてしまうそうです」という内容の密告めいたお便りが届くと、剛さんは「これはアウトかな。

6年ぶり5枚目のオリジナルアルバム『PLAYFUL』を6月2日にリリースする堂本。