PS5に降臨する戦国死にゲー!究極のフルパッケージ『仁王 Collection』試遊レポート

攻略やハクスラに役立つオンライン要素が満載! 『仁王』には協力マルチプレイ以外のオンライン要素が搭載されており、ミッションの攻略やよりよい装備を集めるハクスラに役立つ。 『仁王』のボスといえばまずは「怨霊鬼」。

2
『仁王2 Remastered Complete Edition』 『仁王』シリーズは日本の戦国時代を舞台に、名だたる武将たちや妖怪たちとの戦いを描いた、アクションRPG。 前作では主人公が固定だったのですがやっぱり自分でキャラメイクした主人公を操作すると感情移入もしやすいですし、何より愛着が湧くのでキャラ育成に力が入ります。

仁王 coop・協力の仕様がイマイチ

・マルチプレイでお互い自由に行動できる マルチプレイの中にはホストとゲストに距離制限がかけられているものがありますが、仁王2は基本的にはお互いが自由に探索することができます。 弓の際は発射時に「ドン」という振動が生まれ、発射後もそのままR2を押し続けていると弓がしなるように「ビヨ~ン」という柔らかさを含んだ振動が感じられる。 上段は攻撃力は高いが大きなスキが生まれ、中段は攻撃力は上段に劣るもののスキが少なく次の動きに繋ぎやすいオーソドックスな構え、下段は一撃の攻撃力は少ないながらもスキも非常に少なく連続攻撃や回避に繋げやすい構えだ。

PS4版『仁王2 Complete Edition』の購入者は無料でPS5版へのアップグレードが行え、セーブデータの引継ぎも可能だ。 ボスステージは陰影が際立ち、見慣れたボスもまるで新たな息吹を与えられたかのように非常に新鮮に新鮮なものとして目に映った。

PS5に降臨する戦国死にゲー!究極のフルパッケージ『仁王 Collection』試遊レポート

多くのプレイヤーがマルチプレイを楽しんでいることがわかる盛況ぶりで、テンポよく遊べたことも好感触だ。 コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが手掛け、高い緊張感と達成感を味わえるダーク戦国アクションRPGだ。

7
プレイヤーの中には、体験版を元に製品版を買い、最初から友達と一緒にゲームをプレイできると思っていたと苦情を申し入れる人もいる。 ステージ開始、ロード終了の暗転がどちらも約1秒くらい、そしてロード画面が約1秒の合計3秒。

PS4®『仁王』オンラインプレイは困った時の駆け込み寺! 助け合いの精神がクセになる【特集第4回】

合言葉を使用し、『同行者を探す』を選択します。 難易度の高い低いは関係なく、フレンドと同じゲームを同じ視点でプレイできるというのは非常に楽しい物です。

5
その活気は数々のオンライン要素にも表われており、今後予定されるDLCの配信や、プレイヤー同士の対戦マルチプレイの導入により、さらなる盛り上がりを見せることだろう。

仁王 coop・協力の仕様がイマイチ

Steam および Steamロゴは、米国及びまたはその他の国のValve Corporationの商標及びまたは登録商標です。 そこでは最近までプレイしていた『仁王2』のテクニックが充分に発揮でき、初めて遊んだ際に相当苦労していたボスもサクサクと攻略することができたのだ。 設定が完了したら、『ルームを作成し、同行者を待つ』を選択します。

15
また、現在は検索をかければすぐにマッチングが成立するイレグイ状態。

仁王2

ちなみに状況によってはステージの説明が表示されるロード画面なしで、暗転のみでロードが終わることもあった。 ですので、製品版も当然coopプレイができると思い購入した人たちが不満を爆発させているようですね。

6
リマスター版『仁王』には『仁王2』と同様のフォトモードが実装された。 と魅せられました。