【助産師監修】不規則な産後の生理…生理不順の原因は?妊娠の可能性は?

ここでは、産後に生理不順になる理由を紹介します。

13
このプロラクチンの分泌量は、病院で調べることができます。 授乳中は大丈夫と思っているママもいるようですが、妊娠の可能性はあります。

【助産師監修】不規則な産後の生理…生理不順の原因は?妊娠の可能性は?

ストレスを感じると脳が危険を察知して生理を促すホルモンを抑制するのです。 必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。

19
産後に生理不順を経験する人は多い 産後に生理が再開したものの、生理不順に悩まされる人も少なくありません。 目安としては断乳から3カ月以上経っても生理不順が続く、周期が長すぎる、または短すぎるといった時。

産後に生理不順が続く…原因は?生理周期はいつまで不規則なの?

もし不安だったら産後2週間から1ヶ月の間なら自治体で産婦検診に補助を出しているところもあります。 この部分だけで最大8ヶ月もの開きがあることがわかります。

20
産後の生理不順で受診が必要な場合 産後に生理不順に陥ることは、決して珍しいことではありません。 原因と結果が全て女性の体内で帰結してしまうので、どうしても「個人差」の要素を無視することが出来ないのです。

こんなんで大丈夫!? 産後の生理不順、助産師さんから意外な回答が…!(2020年10月9日)|ウーマンエキサイト(1/2)

では生理についてはどうなのでしょうか。

20
産後に生理がこない原因として考えられるのは、授乳を続けているという生理的な要因以外に、 子宮筋腫、ポリープ、甲状腺機能の亢進 必要以上に活発になる または低下などの病気があげられます。

出産後の生理不順の原因およびいつまで続くのか?改善法は?

自然分娩でも帝王切開でも産後の生理開始は遅い人は遅く、早い人は早いという個人差があります。 また、痛みがつらい場合はおなかや腰を温めると効果があることも教えてもらいました。 この無月経状態は体のホルモンや卵巣の機能が元に戻ると再開します。

13
子宮内で炎症が起こっていたり、腫瘍ができているというケースもあります。

産後の生理不順はなにかの病気?ストレス?不規則な産後の生理について解説します

産後のストレスの影響 産後の生理不順が起きる原因として、ストレスが大きく影響していることもあります。 産後の生理不順は起きやすいため、一喜一憂しないことも大切ですので、時間が経つにつれて少しずつ改善していくことを理解しておきましょう。

12
また、さまざまな対策を取ることで生理不順が改善しやすくなります。 子宮の回復が進めば、自然と生理が再開されるようになります。