アークナイツ×SEIKO アークナイツオリジナルウオッチ シルバーアッシュモデル

>5章以降の本編シナリオやイベントでどちらのオペレーターが使い勝手がいいでしょうか? どちらも役には立ちますが、前衛としての役割をこなしつつ戦えるシルバーアッシュのほうが攻略においては重要という印象ですね。 この私を失望だけはさせてくれるなよ。 とにかく真銀斬の印象が強い彼ですが、ステータスや素質、攻撃範囲に至るまでスキがありません。

この1体を育てておけば不足した役割のサポートもこなせるため、入手したら最優先で育成しよう。 アークナイツを始めたころは「なんか便利だけど地味だな」と思ってたんですが、進めるにつれて、これがいかに強力な素質なのかが理解できました。

シルバーアッシュ

なので、敵の数を減らすために真銀斬を活用しました。 ちなみにスキル特化した場合真銀斬の効果時間が終わってまた90SP貯まるのを待つよりも一度撤退させて再配置した方が早く2回目の真銀斬を使える。

素質 ホークビジョンも強い 攻撃射程内にいる敵ユニットのステルス効果を無効化できます。

危機契約に備えてシルバーアッシュやブレイズを育成中! 【アークナイツ日記#1】

攻撃範囲拡大 必要素材. 2 他オペレーターとの関係 プラマニクス、クリフハートの兄 まだ少年の頃に両親を亡くし家が急速に没落しても耐え忍び妹2人が自立するまで育て上げた。 手腕のみならず技にも優れる。 上級資格証が180以上貯まったので、今回ピックアップしているエイヤフィヤトラと、 いつか来るであろうシルバーアッシュ、どちらかに使おうと思っています。

19
攻撃範囲が縮小され、接近戦しかできなくなるが、防御の上昇に加えが的にするようになる。 ロドスとは別組織の人間だが、感染者である妹のをロドスに入院させており、その世話役兼戦力としてマッターホルンを貸し出している。

シルバーアッシュ(アークナイツ)とは (シルバーアッシュとは) [単語記事]

それでいて前衛らしく高い攻撃力は据え置きだ。 タフなファウストを倒すのに一役買いました。 使用すると攻撃範囲が縮小し前横の3マスだけになる。

攻撃がを放っているような演出なので勘違いされやすいが、一応人数が制限されており、 全体攻撃ではない。

【アークナイツ】シルバーアッシュの評価と解説

アークナイツのボスは他の敵ユニットと比べて、HPがやけに高いことが多いんですよね。 お買い上げ後上記の期間に満たないうちに電池寿命が切れることがありますのでご了承ください。 発動すると 攻撃範囲が1ずつ拡大され、広範囲に強な攻撃を放つ。

11
防御力との関係 敵の防御力 500 1000 1500 真銀斬のダメージ 1867 1367 867 単発の威力がでかいので、防御Aクラス(800-1200)の敵にもダメージを通せます。 スキル雪境生存戦略習得• 5章以降の本編シナリオやイベントでどちらのオペレーターが使い勝手がいいでしょうか? 手持ちの高レアオペレーターは以下の通りです。

シルバーアッシュ(アークナイツ)とは (シルバーアッシュとは) [単語記事]

素質『 』によって 効果を持った敵にも攻撃が命中するようになっている。 当然再配置するまでの63秒間穴ができるのでそのカバーが必要となるが。

そんなわけでゲットしました。

シルバーアッシュ

昇進1だと 「遠距離攻撃できるちょっと強い前衛」って感じで、あまり強さを実感できませんでした。 昇進1Lv1スキルランク1のシルバーアッシュでも防御力350となり、これは同じレベルのビーグルと12しか変わらない。 特化3なら12秒早い。

20
シルバーアッシュだと昇格1だと質問者さんの手持ちではメンバーに入れないほうが強いまであります。 このような使い勝手の良さから達から「 どのような難所であってもさえ発動すれば全て解決する」 とまで言われている程。

【アークナイツ】シルバーアッシュの評価とスキル

貿易会社の社長というより派閥のトップと表現するほうがふさわしい。

レベルマ&真銀斬を特化3にしています。 その強さはアークナイツのバランスブレイカー、壊れキャラ筆頭とまで言われており、 最強の前衛の称号を欲しいままにしている。

【アークナイツ】シルバーアッシュの評価と解説

モデル品番:SZLJ202• ここからは推定だが、シルバーアッシュはイェラグを完全に掌握、支配するつもりでありそのためならば軍事衝突もいとわないだろう。 遠距離攻撃できる術師がステルス状態で近寄ってこられたりすると、高台に配置したオペレーターが軒並み倒されちゃったり。

10
軽くて通気性も良好な一着。 1体で多くの役割をこなせる 特性の遠距離攻撃、スキルの範囲攻撃や自己回復と、シルバーアッシュには多様な場面で活躍する性能が詰まっている。