ドラマ「僕のいた時間」11話(最終回)視聴率、あらすじ、感想。主題歌Rihwa、挿入歌ゆずの曲がドラマにあっていました。考えさせられる作品でしたね。

そんなある日、拓人たちの元に、両親がやってくる。

医師は、拓人に大学病院の神経内科を紹介した。 二人で一緒の生活が始まる!! 隣で大切な人が眠っている。

いつだって僕らの恋は10センチだった。

でも、今はきっと繁之も二人のしあわせを願ってると思う。 尚「僕のいた時間」の専用ページを解説していますので、過去のあらすじ、視聴率などご覧下さい。 拓人は、勤務先の家具屋で病状に合わせた仕事を用意してもらっていた。

だが・・・呼吸筋の麻痺が始まっていると告げる拓人。

ドラマ「僕のいた時間」11話(最終回)視聴率、あらすじ、感想。主題歌Rihwa、挿入歌ゆずの曲がドラマにあっていました。考えさせられる作品でしたね。

人工呼吸器をつければ生きられる。 一方、介護施設でボランティアを始めた本郷恵(多部未華子)は、施設の職員から、これからはアルバイトとして来てほしいと誘われる。

拓人は、勤務先の家具屋で病状に合わせた仕事を用意してもらっていた。 「ひとつだけいいですか。

ドラマ「僕のいた時間」 第11話(最終回)あらすじ感想「命の選択」

そんなある日、拓人は、恵の母・翔子(浅田美代子)が働いている弁当店を訪ねるが・・・。 自分一人では感じる事が出来ないもの。

8
ドラマ「僕のいた時間」11話(最終回)あらすじ 突然姿を消した拓人は、降りしきる雨の中、車椅子ごと転倒した。

【公式見逃し動画】僕のいた時間を1話から最終回まで無料視聴する方法!三浦春馬主演・命のリミットの結末感想も!

仕事中、腕に力が入らず、商品を落として傷をつけてしまった拓人は、再び整形外科を訪れる。 拓人のマンションを訪れた恵たちは、陸人(野村周平)も交えて一緒に食事をする。

絶対に死なせない。 ひとり暮らしを始めた拓人は、宮前家具の店長から広告の仕事を任せられる。

いつだって僕らの恋は10センチだった。

シャンパンを飲みながら楽しいひと時を過ごしたふたりは、3年後の自分に向けた手紙を書き、空のボトルに詰めて砂浜に埋めた。

2
一方守は、恵と繁之の元を訪れ・・・。