みずほフィナンシャルグループを受けた先輩の志望動機・志望理由【就活会議】

2つ目は自分の学生時代の経験を活かせると思ったからです。 私がみずほフィナンシャルグループを選んだ理由としては、何か一つの強みをもって幅広い知識でカバーするジェネラリストとして働くことができると思ったからです。 そこには、みずほ自体も金融業界自体も変わっていかなければいけない転換期であり、一緒に変えていただけるような人に来てほしいという想いが込められています。

4
事業拡大のサポーターとしての役割はもちろん、新しい事業をつくりましょうと主体的な提案をしてもいい。

みずほFG:インターンシップ情報サイト

もちろんメンターとして社員も付いていますが、お客さまに直接プレゼンする機会はなかなかないですし、フィードバックもお客さまからもらえるので、学生からは非常に好評です。 現時点での〈みずほ〉のイメージや、知っている事を入力してください。 皆さんがに入社してからどのようにキャリアを創っていけるのか。

10
また銀行はサポーター的な役割だと思われがちですが、それだけではありません。 面接官は若手の人事担当者です。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ募集/選考対策まとめ|ONE CAREER

アルバイトも思うようにできないでしょうし、学祭のようなイベントも自粛になり、打ち込みたいと思うものが制限される学生生活を送っている方が多いのではないでしょうか。 入社後の一定期間については、不動産総合営業、不動産コンサルティング業務、不動産証券化関連業務、不動産信託業務など特定の分野での職務経験を通じ早い段階から専門性を高め、将来各分野におけるプロフェッショナルをめざします。

15
3日間を通して1班に1人担当のメンター社員がついており、適宜金融に関する知識等を教えていただいた。 なかでも、国内大手企業・海外の企業に向けた投資・コンサルティング等の事業は好調に営業利益を伸ばしており、みずほフィナンシャルグループ内の売上の70%以上を占めています。

みずほフィナンシャルグループを受けた先輩の志望動機・志望理由【就活会議】

ここにあげた面接の質問や回答例を面接対策に活かしてください。

16
会社内のミーティングや企画書の作成など、具体的な業務を肌で実感することができます。

【みずほフィナンシャルグループ】おすすめインターンランキング3位、人事が語る「バンカーとして本気で挑む3日間」

みずほフィナンシャルグループのインターンシップの開催時期や締め切り日時、内容はもちろん、応募するインターンシップ先を選んだり、採用担当者と会う前や書類提出前に選考突破に向けた対策方法を確認したりするためにも、ぜひご活用ください。

また私は目標を掲げて行動するのが好きな性格なので、今後仕事をしていく上でも高い目標を持って貪欲に挑戦していきたいと考えている。 <グローバルコーポレートファイナンスコース GCF コース > 入社当初の配属が、大企業・金融・公共法人部門、グローバルコーポレート部門、グローバルプロダクツユニットに特定されるコースです。

【みずほフィナンシャルグループ】おすすめインターンランキング3位、人事が語る「バンカーとして本気で挑む3日間」

意図を踏まえた回答方針 自身の現時点での就職活動の軸を述べ、その軸と金融業界がマッチしており、その中でも銀行がいいという論理性を重要視する必要があるでしょう。 みずほフィナンシャルグループの事業内容• 面接官を討論相手だと思って、リラックスして臨みましょう。

調整能力や語学力など難しい能力を必要とするポジションですが、やりがいのある仕事でした。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ研究!新卒就活生向けの選考対策【ES・面接】

学生時代頑張ったこと ガクチカ• それがとても楽しみです。 どちらも少数ですので、激しい競争が予想されるでしょう。 定価はいくらか。

8
学校の中にいる就活生の方にとって、実際にお客様と触れ合う機会は、早々無いはず。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ募集/選考対策まとめ|ONE CAREER

インターンへ参加することが目的の場合は、「なぜその業界を理解したいのか、なぜその仕事を経験しようと思ったのか」という風に自問自答を繰り返すと良いでしょう。

11
みずほ銀行の前身の一つ、渋沢栄一が設立した日本最古の銀行「第一国立銀行(後の第一勧業銀行)」の創業からおよそ150年。

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ研究!新卒就活生向けの選考対策【ES・面接】

また選考対策では選考フローだけなく、みずほフィナンシャルグループの内定者やインターン/本選考通過者のエントリーシート(ES)例文集、面接でよく聞かれる質問、志望動機の回答例、過去に出題されたWEBテストの形式、グループディスカッション(GD)の問題などを見ることができるため、通過率を上げるための準備にも役立ちます。 提案の順位発表と各班へのフィードバックを提案先の企業の企業の方からいただいた。

1
式自体は簡単なのですが、限られた時間内となるのと難しそうですよね。