お母さん食堂が炎上!差別ではとフェミニストの署名活動で物議を交わす事態に発展!

運動の概要 2020年も暮れようという頃、一つの署名運動が話題になりました。 お客さまにとって「一番身近で美味しくて 安心できる食堂」を目指しています。 最近盛り上がっている MeToo運動などのジェンダー教育の一環で、男女平等について考えた兵庫、京都、岡山の女子高校生の訴えが発端となったようです。

18
何も買わないで急いで出ていきました… — ピンフスキー hideyosino これに対しネットでは、 「『お母さん』が実は、慎吾ママという脈絡を背負ったおっさんであるというのは、自由な性自認を認めるもので、なかなか時代の先を行っていると思うのだが?」 「食事はで買うものだというスタンスのファミマさんはフェミさんの味方やん」 「おふくろの味とかそういうニュアンスも認めない人には社会進出してほしくない」 「カントリーマアムとかはいいのか?wレディーファーストは失礼だとかいわないのか?wそもそもレディーという呼称が差別的だとは言わないのか?wていうか、専業主婦はちゃんと社会的役割を担っている。 この「レベルの差」が、「正しさの異様な強さ」を浮き彫りにしてしまうんじゃないかと私は懸念しています。

「お母さん食堂」炎上は“女性同士の対立”を助長? 「おかあさんといっしょ」も改名すべきか

コンセプトでも「働く女性を応援する」と強調するなど、これまでは女性が身を削っていて作っていた「おふくろの味」は誰が作ってもいい、コンビニでもいい、というメッセージが込められているブランドであり、ただ「お母さん食堂」という響きだけに噛み付くのは、安直すぎるのではないか、という指摘が相次いでいます。 これは私が詭弁を弄しているのではなくて、 ファミリーマートの広報戦略が如何に巧妙かという事を確認しています。 3は個人的な感覚として引っ掛かるのですが、これはどうでもいいとしまして、問題は1と2に着目して生まれる次の問いにあります。

2
ツイートした方も『お母さん食堂』のコンセプトを理解していれば、飛躍した考えで怒りを覚えることもなかったかもしれません。

ファミマ「お母さん食堂」抗議、高校生の声を封じ込める感情的な大人たち

まあまあの賛同を受けているという前向きな見方もできますし、社会への話題作りとしてもかなりの力を出したとしています。 ファミリーマートの「お母さん食堂」というお惣菜シリーズを改名するための著名運動が2020年の最後に行われましたが、ジェンダーバイアスを指摘した女子高生の行動に便乗する形で石川優実さんも動画をアップしました。

10
「実際は『働くお母さん』が増えている」という点を 何故か 挙げている これが全くかみ合っていない事は、上を踏まえれば明らかです。

ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

1975年に放送されたハウス食品のインスタントラーメンのCMは、「私作る人、僕食べる人」なるフレーズが女性団体から抗議を受け、放送中止に追い込まれた。 その点に多くの人が違和感を覚えたのだと感じます」 そう語るのは、評論家の唐沢俊一氏である。 あわせて読みたい関連本• かれらを名誉男性と切り捨てるのは簡単なのですが、この運動のやり方がかれらに首を傾げられてしまう理由もいくつか思い当たります。

20
org」に掲載された文面より) 無論、高校生が世の中に一石を投じることを否定するつもりはない。 お母さん食堂のお惣菜には、家事を楽にする側面もあると思うのですが、そこに目を向けないまま表層的な部分だけが批判されている。

ネタか? ファミマ『お母さん食堂』炎上を狙うツイートに反論噴出で撃沈状態 「ファミマさんはフェミさんの味方やん」 (2020年11月4日)

分析してみましょう。

20
アメリカでは最近、下院規則のなかの性差を表す言葉の全面的な書き換えが提案されました。 そして署名側はその戦略の網を掻い潜って巧妙な罠に立ち向かうのではなく、正しさのパワーで押し切ろうとしている。

ファミマ「お母さん食堂」抗議、高校生の声を封じ込める感情的な大人たち

性的役割分担の固定化につながることを懸念しての取り組みだ。 だが、影響が100%消え去ったかというと、そうとは言い切れない。 先ほどの記事にある「 どこか懐かしく…」の「懐かしさ」という魅力が昭和と平成の二種類の懐かしさに分散されており、 特にジェンダー問題の俎上に乗り得る現実の「お母さん」たちが感じる懐かしさは「平成」の方に大きく偏るよう仕向けられているからです。

では、次に先ほど述べた「2」を確認します。

石川優実のユーチューブ炎上理由【お母さん食堂を応援するフェミニスト】

アンチフェミは「とにかくなにか意見を物申すフェミが嫌」という考え方であり、署名活動も様々な意見を出してきたんです。 まじで可哀想。 「お母さん食堂の料理を買う現在のお母さん」は「お母さん食堂の料理を買って出せる」時点で当時の性別役割から隔たりがあり、この変化においてファミリーマートが果たす役割は 社会的には 女性解放の方向性を持つとさえ認識され得ます。

2
ファミリーマートの「お母さん食堂」の名前を変えたい! 〜 一人ひとりが輝ける社会に 〜 以下、本文より筆者要約 先日、ジェンダーや男女平等について学ぶ機会があり、「男性は仕事、女性が家事」という考えが日本にはまだ多く残っていることを知りました。