全取組結果

取組表 [ ] 取組編成要領及び慣例に基づき、取組編成会議で決定した取組は、下位の取組から順に行われるよう、その日の取組表が編成される。 対力士対戦成績30勝以上勝利:9人(歴代1位)• 1972年(横綱-大関4番、大関同士6番)• しかし翌(昭和49年)は5月場所4日目の-戦の大関同士1番のみだった。

17
ボクシング [6月11日 11:59]• (平成12年)3月場所、本来ならあるべき横綱同士の対戦がなくなるという異例の事態が起きた。 昭和のでは、が威勢の良い相撲を好んだためもあり、(昭和50年)5月場所8日目の前頭筆頭-小結戦など激しい合いが期待される取組を組むことが恒例になっていた。

全取組結果

その後(会長)の抗議によって両力士の出場停止は2日間で解かれ、13日目今度こそ決着まで敢闘を尽くすよう勧告の上で両者の再戦が組まれ、青葉山が速攻で勝利した。

19
1943年当時はであり、東前頭8枚目の東富士は当然に横綱の対戦圏内だったので、新入幕力士の好成績によって割が崩されてのものとしては史上初のことになった。 前頭五枚目 7勝8敗• 「大相撲に入ってこんなにゆっくり相撲を見たことがない。

全取組結果

>8勝6敗VS7勝7敗 技量審査場所以降、関脇以下でこの対戦は41番(不戦除く)あり、 7勝7敗力士の25勝16敗、勝率約6割です。 十両十枚目 9勝6敗• 十両、の土俵入りも各力士が混迷するという事態が起きた。 大相撲 [6月11日 21:22]• また、東と西との2枚の番付を作っていた大坂相撲とは違って、東西を1枚にまとめた江戸相撲では、土俵上の東西そのままに東が右側に配置されていたが、最初は東西の間に優劣はなかった。

11
1965年(横綱-大関8番)• 大相撲 [6月11日 20:30]• - 日本経済新聞• 宝富士対隠岐の海なども同様のケースです。 明らかに照ノ富士の作戦だろう。

特設 大相撲取組動画

関取の13日目・14日目での休場により、幕下上位で八番相撲を取らせる場合もある。 取組直前に休場を発表するのは大相撲史上初の珍事となった。

9
プロレス [6月10日 0:00]• 太字の力士は、2021年3月場所終了現在、現役力士である。 「また幕内に戻れるように初心に戻って昔の自分を越えられるように」と、意気込んだ。

大相撲速報

この年は3月場所から9月場所まで5大関(、(のち2代若乃花)、、、)がいたため、下位に各同部屋力士もいることから取組編成上、前半戦までに対戦することもあった。 前頭八枚目 11勝4敗• 場所が終わってみれば幕内最高優勝は佐田の山(12勝3敗)で十両優勝は清ノ森(12勝3敗)、十両優勝力士が幕内最高優勝力士に黒星をつけるという、当時としては話題の取組となった。

9
ボクシング [6月10日 23:17]• なお、 太字の記録は、 前人未到の記録を指している。 戦死の報が伝えられ、国技館でも取組を中断して黙祷などが行われた直後の取組だったこともあり、戦局の激化が角界にも影響を及ぼした形だった。

大相撲速報

第5条 取組は、本場所の初日の2日前に初日、2日目の取組をその後は前日に取組を編成し、発表するものとする。 具体的には、対戦する両力士のうち上位の者を選び出し、その選び出された力士が下位から順に並ぶよう取組順は決められる。 ボクシング [6月10日 20:33]• 豊山は三重ノ海、貴ノ花には敗れたが魁傑、輪島、長谷川に勝ち、3大関(大麒麟、清國、琴櫻)からも白星を挙げ(対大麒麟は不戦勝)、10勝5敗の活躍で翌場所の昇進を決めた。

11
会場、力士の雰囲気など新たな発見もあった。 決まり手• 5月に、横綱免許を受けていた大関・が大関にさせられることに抗議した結果、番付上に初めて〈横綱〉が明記されたとき、東に張り出されたことから、横綱を東方におくようになったことで、東が優位という印象が明確になっていった。

宇良休場で体中の力が抜けた…が炎鵬のすごい相撲で一気に元気が戻った これほど闘志をあらわにしたのは初めて見た【北の富士コラム】(中日スポーツ)

対力士幕内対戦成績初顔合わせからの最高連勝記録 [ ] 1位は北の湖の29連勝(栃光戦)、2位は 白鵬の25連勝(栃ノ心戦)である。 監事は、取組編成会議に同席するものとする。

5
2番相撲以降は、原則として互いに番付の近い相星(同成績)の力士同士を対戦させる。