King Gnu ユーモア 歌詞

後ほど意図が明らかになります。

実はここの歌詞については常田さんが King Gnuを「紅白」を最後に解散したいなと思って書き始めたら、すぐできました。 King Gnuさん『ユーモア』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

King Gnu ユーモア

俺だけじゃないと思うんですけど、 ルーティンとかテンプレートに縛られて、気持ち悪さを感じていたので。 続く歌詞を追っていきましょう。 スケジュールも時間もない中で、合理的に、クオリティを担保できるやり方をとらなきゃいけなかった。

13
さて 「素晴らしきこの世界」と言い聞かせて夢を楽観視し、内心では心配ごとや悪い予感などのために心が穏やかでない 胸騒ぎな 主人公はどのように夜を超えていくのでしょうか。

ユーモア King Gnu 歌詞情報

楽曲名「壇上」とは 「壇上」とは 教壇、演壇といった壇の上。 楽曲の基本情報の欄で述べたように「壇上」は常田さんがKing Gnuとしての活動に窮屈さを感じていたときに作成した楽曲になります。 また 「忘れかけたユーモアが街の景色に色を落とす」とあることから、裏を返せば 孤独な夜は主人公からユーモアを奪うと言っているのです。

9
しかし本楽曲では 「忘れかけたユーモアが街の景色に色を落とす」と綴られており、自分を取り巻く環境の雰囲気を表す言葉として使われている。

ユーモア 歌詞『King Gnu』

汚れた部屋というのは言い換えれば 「昔の音楽」そのものであり、 「外から見たら変わってしまったかもしれないけど、内に宿っているものは変わっていないよ」という意志が表れた一文になります。 主人公は過去に悔やんで傷心している。

伸ばす部分と短く切る部分を意識して、原曲を聴いてみましょう。

ユーモア 歌詞『King Gnu』

常田さんの楽曲へのコメントは以下。 King Gnu キングヌー 人気曲【CMタイアップ】 CMで流れていた曲を聴いたことをきっかけにKing Gnuを聴き始めたという人も多いでしょう。 ちなみに本記事では「夢」という取り上げ方をしていますが、読み手によっては特有の欲求を含む「理想」として置き換えると面白いかと思います。

18
とインタビューコメントを残しています。

ユーモア 歌詞『King Gnu』

King Gnuの勢いが凄すぎる。

8
或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。