ネイス体操教室

少しの間ですが、気分転換や休息の時間としても好評です。

16
小学校1年生の夏から通って今1年と2か月たちました。 しかし、諦めずに技を完成させたことで大きな達成感と継続することの大切さが身についたと思います。

知育体操教室「クラブネイス」コモディイイダ金町校

【練習項目】 主にこんな練習をしています ・基礎 ブリッジ、壁倒立など ・エアートランポリン 走る、ジャンプなど ・マット 後ろまわり、側転など ・跳び箱 踏み切り~跳び越し、開脚跳びなど ・鉄棒 逆上がり、空中逆上がり 【 先生からの一言 】 ステップクラスでは、「そくてん・逆上がり・開脚跳び」など基礎的な体操を学んでいます。

右脳教育プラス運動能力も高め、親へのコーチング(子供への接し方)を毎回教えてくれます。

クラブネイスのすぽいく教室を検討しています。すぽいく教室に限定せずクラブネイスの教室に通…

幸い三人の中では一番外遊びが好きなのでこのまま逆上がりができるようになればいいのだけれどと思っていたのですがやはりきちんと手本を見せてあげたり教えてあげられる人は必要だと感じて通わせることを決めました。 技の「できた・できない」が明確になりますが、その結果に捉われずにまずは目標に向かって頑張ることの大切さを学びます。

また、いろいろな種類のジャンプや、走り方もたくさん練習し、体力や全身の力をつけていきます。 楽しみながら少しずつ出来る事が増えてくれればと思い通いはじめました。

クラブネイスのすぽいく教室を検討しています。すぽいく教室に限定せずクラブネイスの教室に通…

トレーニングと同時に集団の中での協調性、礼儀や努力することの大切さを学びます。 私が見ていると逆上がりになると救いを求める視線で訴えてくるので途中からは先生にお任せしてできるだけ気づかれないように陰からそっと見守ることにしました。

4
ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究によれば、40年追跡調査した結果、 6歳までの幼児教育の有無で学力・進路・年収に大きな差がでるとわかっています。 」と楽しく学べるための努力を惜しみません。

知育体操教室「クラブネイス」

すぽいく教室では、幼少期の成長過程に必要な運動を取り入れたレッスンを行っています。 初めはできなった技でも、練習を重ねることで一人で出来る事が多くなります。 その分、できなかった悔しさも、できた時の大きな喜びも味わえます。

4
幼児期のカラダの成長に必要なトレーニングと、集団行動の中で必要な協調性や礼儀などを学べるレッスン内容となっています。

知育体操教室「クラブネイス」

今ではすっかり楽しくなってしまい時間が終わって次のクラスの子が集まって来てようやく帰るというはじめの頃が想像できないほど生き生きしています。 この経験があの子にとって世界を広げる一歩になればよいと心から思っています。 対象年齢:小学校低学年(小1〜小3) 体操の基本となる倒立、柔軟などを中心とし、学校体育で行う技から、どんどん技にチャレンジしていくレッスン内容です。

3
サポートしてくれる先生がそのたびに励まして励まして根気強く接してくれました。 また、子どもたち自身でお片づけなどをすることにより、ルールを学ぶことや、集団行動の中で良い事と悪い事の区別をはっきりとつけ、理解するように指導することで、社会性を身につけます。